実践で使える!高校の先生から聞いた頭に入る英語学習法

2012年2月24日
LINEで送る
Pocket


学生時代の英語学習方法

わたしが高校の授業を受けていた当時の内容。教科書参考書などの英文は、読み解くとき出来るだけ音読していました。声に出せない時にも頭のなかで読み上げます。さーっと目で追っていくように読むのと、声に出して読むのとでは違うと実感しました。音読する方が頭に入りやすいように思います。
目からの情報と耳からの情報で、さーっと読むより二倍受け取ってるから、ということだそうです。また、音読することで単語の発音にも自信がつきますし、発音がわからないと読めないので発音を調べて覚えるという機会もできます。
単語を覚えるにはひたすら書いていました。単語帳を見るだけでは綴りがあやふやにしか覚わらず、英作文などを書くときにとても困ったからです。また、単語帳からだけでなく、英文を読んでいく中でわからない単語もしっかりチェックします。
おそらく、英文から知った単語の方がよく覚えているでしょう。英文の内容と単語の意味はもちろん一致しますし、人間は意味のある事柄は覚えやすいそうです。それに英文の中でその単語をチェックすると、文法上の使い方や、微妙なニュアンスを一緒に身に付けることもできると思います。
英作文では、とりあえず文法をおさらいしてから、まずは日本語を英文に訳すことから始めました。その時注意するのが、題の日本語文をそのまま訳そうとすると、無駄な表現が出てきたり、どうしても複雑な文になったり、自分の知っている単語では表現出来ない、という壁に当たることが多いです、ので、問題を出来るだけ単純で堅い文にします。英訳するために単語を引っ張り出すのはそれからです。
リスニングテストのために、リスニングの試験問題や英語長文を読んでいるCDを、1.7から2.0倍速で常に聞いていました。まずは耳を英語に慣れさせます。さらにそれをシャドーウィングすることで発音、内容までマスターできます。洋楽を聴くのもいいと思います。
以上は中学校、高校の先生から聞いたことです。わたしは外国語専攻ですが、上の方法はとてもためになったと思います。試験のためだけではなく、実践で活躍できるのに必要なことが多いです。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |  

pagetop