英会話力は実際に会話しないと効果が出ないことが判明!

2012年2月12日
LINEで送る
Pocket


外国人の友達を作って英語学習方法

私はいろんな英語学習方法を試しましたが、机に座って勉強する英語勉強法ではなかなか上達が見られませんでした。海外生活が始まってからもそれは同じで、文法を勉強するのには嫌気がさしていました。そこで、机に座って勉強することを止め、友達と一緒にちょくちょくバーに行くようにりました。私が一番効果があったと思う英語習得法は、とにかく体当たりで外国人とコミュニケーションを取るという手段でした。
外国のバーで、隣に座った人とビールを飲みながら話をしていると、リラックスした雰囲気の中でどんどん会話が進んでいくことに気が付きました。相手が女性でも男性でも関係なく、フレンドリーに挨拶をして積極的に話をするようになりました。バーに通い詰めるようになって、私の英語力がぐんと伸びてきていることに気づきました。机にかじりついて勉強していても全く上達を感じなかったのに、リラックスしながら英語が上達していくことに、とても驚きました。
今まで使ったことのなかった言いまわしなども、会話の中で自然に出てくるようになりました。そして、会話の中で分からなかったフレーズなどがあると、それはどう意味か聞くようにしまし、挨拶や英語の発音なども以前より自然なものになり、生の英語が身についていく嬉しさを日々感じるようになりました。私はもともと英語が得意ではありませんし、文法を勉強することに苦痛を感じていましたが、海外生活の中で自然に楽しく毎日を過ごすしながら英語を学ぶこともできるということに気づきました。
それからは、全く文法などは勉強しなくなりましたが、そのかわりに毎日ローカル新聞の興味のある欄に目を通したり、自分の好きな英語の料理本を買って読んだり、映画を見たり、そしてバーに行ったりして、外国人の友達を積極的に作ることで、私の英語はどんどん上達しました。肩をはらずに英語を身につけるのが私にとっては、一番の英語習得方法でした。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |  

pagetop