英語圏で生活することで爆発的に英語が上達する!

2012年2月19日
LINEで送る
Pocket


私の三つの英語学習方法

私が活用しているやり方は、① 単語ならカタカナで覚えるのではなく、アルファベットの音を読む、です。例えば、数字でワン、ツー、スリー…とカタカナではよくこう書かれていますが、アルファベットでone、two、three…と書いていくとワンはほぼ同じですが、ツーというよりトゥーに近い音です。スリーに関しては全く違う音です。(日本人の言うスリーの最初の音はSです)
事実、私が英語圏に遊びに行った時全く通じませんでした。(それが学習するきっかけにはなったのですが)知っている単語でもまた一つ一つ調べ直して、音を読むとスペルも覚えやすいと思います。これを意識しながら学習してからは、以前よりも格段に私の言葉を理解してもらえるようになりました。
② ①と関係していますが、とにかく音を聞く、です。音楽や映画でもいいですが、実際の音を聞いて耳を馴らしていきます。例えば、PやKの音は拾いやすいのですが、VやQの音は日本人になじみがあまりなく、LとR、STやFとHの区別がわからない人も多くいます。喋ることも大事ですが、実際に相手が何を伝えたいかを理解できないと、会話が出来ません。
特に最初のころは、会話の全てを理解するのは難しく、単語を拾って理解していたのですが、ライトがlightなのかrightかで分からなかった時がありました。(夜、道を聞いたのですが、どっちでも何となく言葉になっていたので)今では、全てが分かるとまではさすがにいきませんが、音の区別はある程度出来るようになりました。会話していてもスムーズに頭に入ってきます。
③ とにかく会話、です。実際に英会話帳に全ての文法が載っているわけではありません。会話をすることにより、文法や言葉の使い方がわかってきます。以上が私の学習術です。日本に海外の方が来られて、たどたどしい日本語で話しかけられても、こちらもなんとか理解しようとするし、相手も一生懸命に伝えようとします。
こちらが伝えようとする言葉も理解出来るまで、言葉を模索しながら伝えます。それと同様に、海外に行くと相手が必死に理解しようとします。伝えたい気持ち、聞く気持ちが一番大事だと思っています。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |  

pagetop