毎日英語を続けることで英語脳ができるって本当なのか!?

2012年2月14日
LINEで送る
Pocket


簡単!今すぐにできる英語学習方法

英語をまったく話せない友人が海外に仕事に行って、最初は現地で四苦八苦したけれど、気がついたら英語が話せるようになって、円滑なコミュニケーションが取れるようになったという話を、今まで何度も聞いていました。彼らに「その秘密は?」と質問しても、なかなか明確な回答はかえってきません。彼ら自身も、なぜ、自然に英語が話せるようになったのか、分かっていないからです。
その理由を私なりに分析したところ、答えはシンプルでした。それは、「毎日英語を使わなくてはならない状況にいたから」ということです。仕事場ではもちろんのこと、外国にいればプライベートでも英語を使わなくてはならないので、生活するために自分の意思を伝える、そのために自分の知識を組み合わせて表現をするといった流れが、ある意味強制的にできてしまっているのです。
この状況を日本で作るのは難しいですが、プライベートでは実践できることがあります。たとえば、自宅に戻ったら、英語しか使わないことです。一人暮らしであれば、今、自分が心で思っていることを、すべて英語で表現してみましょう。もし、どのように表現してよいのか分からなかったら、その都度、辞書や参考書を開きます。家族がいる方でしたら協力してもらって、英語と日本語の会話を混在させます。
相手が話したことに対して、まずは普通に日本語で答えて、その後に英語で同じ表現をします。こうすれば、毎日英語を話す時間ができ、脳が自然と英語で表現することを習慣にしてくれます。ビジネスの現場ではこうしたレッスンは難しいですが、気の置けない同僚に協力してもらって、二人っきりの時のビジネスの会話は、自宅と同じように、日本語と英語、両方の言語で話すようにしてみましょう。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |  

pagetop