日本人に合わせた長続きする英語学習法とは!?

2012年1月14日
LINEで送る
Pocket


とにかく単語を覚える英語学習方法

日本人は英語を中学から高校と大体の人は6年間勉強しているのに英語の話せる人に殆どといって良い程会った事が有りません。私自身そんなにぺらぺらと英語が話せる訳でも有りませんが、少なくとも簡単な英語なら聞いていて理解出来るし、インターネットなどのサイトで英語のサイトでも大体の意味は理解出来ます。
人と違う私の英語の勉強方法としてやって来た事は独学でやっていてこの方法がいいと思ってやっている方法です。まず一つ一番大事なのはとにかく単語を覚える事です、会話の中で聞いていて一つでも多く知っている単語が分かればそこから話の内容が推察出来るからです。話している事や、分の大体の意味が分かればそこから全体の話の流れがつかめて、全ての言葉が分からなくても全体の意味は理解出来ます、そして分からなかった言葉などは後で調べれば、また一つそこで覚える事が出来ます。
後は分のパターンを覚える事です、いくつかの代表的な接続詞や形容詞を覚えておけば後は応用で、単語が変わるだけの事なので便利です。そして勉強を進めていくうちに気になった物が出て来た時にその都度辞書などで調べて覚えていくと覚えやすいです。他に単語の覚え方として、遊びながら出来るのがクロスワードパズルです。特にこれは一人でやるよりも3〜4人でやるとゲーム的要素も有り、知らなかった単語なども他の人が答える事により覚える事が出来ます。
そしてやはり一番大切なのがリスニングです。いくら文章で英語を理解してもそれは実践的な物とは言えないと思います。目の前に外国の方が英語で喋って来た時に、いかにその英語を聞き取れるかが大事です。英語と言っても話す国によって発音が違うので、聞き取りにくい発音の英語も有ります。そういう意味で一番適しているのが映画です。映画は世界の人に分かる様になまりの無い様に役者の方が発音されています。
家でDVDなどで映画を見る時には字幕で見ます、そして同じ映画を何度も見る事です。そして何度か見ているうちに、しだいに字幕を見ているつもりでも自然に英語の言葉が意味も分かって耳に入ってきます。最後には、字幕を消しても英語自体を理解している様になってきます。後はこれを日々続ける事が一番大切ではないでしょうか、ただし余り勉強だと思い込まず楽しみながらやる事が嫌にならずに続けられるこつだと私は思ってやっています。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |  

pagetop