お金をかけないで学ぶYouTube英語学習法とは!?

2012年2月29日
LINEで送る
Pocket


YouTubeで英語学習方法

私の英語学習のモットーは、ネイティブに学ぶこと・習うより慣れていくこと・お金をかけないこと、です。私はこのモットーを守り、YouTubeで英語のリスニングをして、半年で、TOEICのスコアが300点伸びました。
無料でネイティブの発音を聞けるだけではなく、海外のカルチャーや流行も知ることが出来て、一石二鳥でした。毎日最低1時間は、リスニングの時間を確保すると決めました。忙しい社会生活では、特に平日、1時間を継続的に確保することは思いのほか大変です。私の場合、ある程度決まった時間帯を作って、リスニングを生活リズムのひとつにました。
具体的な方法として同僚とのランチを週2回に減らして、週3回はデスクでお弁当を食べながらYouTubeを観る。はじめは幼児向けのアニメ、慣れてきたらホームドラマ、さらに慣れてきたら映画、という風に段階をつけていました。
興味がないと聞こうとしませんから、子供のころ好きだった番組、好きな俳優が出ている映画などをピックアップして観るようにします。アメリカもの英国もの、どちらも観るようにして、耳のエクササイズがどちらか一方に偏らないようにします。40分視聴し、5分であらすじを英語で書き、5分でTwitter、Facebookなどに感想や気に入ったフレーズを英語で投稿、10分で後片付けと歯磨き、周囲との軽いコミュニケーション、計60分のランチタイムです。
分からなかった単語や表現は帰宅時間にiPhoneで調べます。続けていると自分の中でなくてはならないリズムになってきます。効果は冒頭に述べたように、TOEICのスコアが半年で300点伸びました。ネイティブの会話に慣れると、TOEICのアナウンサーの声は、過度なほどクリアーな発音で、ゆっくりと聞こえてきます。
教科書にはない表現方法も学習していくので、外国人との会話や、自分で書く英文も、より自然なものにブラッシュアップされていきます。同僚とのコミュニケーションの時間は、週2回に減りますが、貴重な時間だと認識するようになり、ダラダラと惰性で付き合っているよりはよっぽどメリハリのある関係を築けたと思います。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |  

pagetop