英語の参考書で最も効果があるのは中学生の教科書!?

2012年2月29日
LINEで送る
Pocket


私の効果を上げている英語学習方法

英語の学習方法はさまざまありますが、私がここ数年間で効果を上げているのが、中学生の英語の教科書を使うという方法です。具体的に説明していきますと、中学校の教科書というのは本屋さんに注文すれば誰でも購入することができます。もしくは本屋さんの参考書をが置いてあるようなコーナーに行くと、中学生英語の教科書ガイドというものが販売されています。
教科書ガイドというのはその教科書に出てくる単語や、英語の本文などの日本語訳などが載っているガイドブックです。中学生の教科書は中1から中3まであるので、まずは中1の英語の教科書から始めます。中1の英語の教科書は、Hi.やThis isなどから始まっているので、はじめから3分の1を過ぎたところにある、Lesson3くらいから使いはじめます。
まず何をするかというと、書かれている本文をすべて暗唱します。中学生のレベルですからそれほど暗記に苦労することはありません。書く勉強はまったく必要ありません。本文をひたすら覚えるのです。もちろん本文を覚えるということは、日本語訳も自然と覚えていくことになります。これが重要なのです。1ヶ月もあれば中1の教科書の本文などは暗記することができます。
これを中2の教科書、中3の教科書と3年間分の教科書全て暗記していくのです。中3の教科書などはかなり難しいので暗唱するのに時間がかかると思います。3冊の教科書を暗記するのに半年くらいを目処にするとよいと思います。そんなことで効果があるのかと思われるかもしれませんが、日常の英会話は中学校の教科書に出てくる表現でほとんど成立するのです。
難しいディスカッションをしたり、人前でスピーチしたりするわけではないので、教科書の暗記で十分なのです。道案内の表現、買い物の表現、遅刻したことをわびたり、日本を紹介したり、いろんな表現が中学校の教科書に出てくるのです。本来はこんなにすばらしい教材があるなら、もっと日本人の英語力が上がってもよさそうなのですが、残念ながら学校教育では効果がありません。
ただ英会話という勉強のためならこれ以上ない勉強法です。本文を暗唱しているわけですから、そのフレーズがすっと出てきます。あとは外国人と会話する機会を少しでも増やすことです。これでまちがいなく基本的な英会話はマスターが可能です。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |  

pagetop