一冊の参考書で効率的に英語を学習する方法を紹介!

2012年2月29日
LINEで送る
Pocket


一冊の参考書で学習する英語学習方法

わたしは受験英語の力を伸ばすために、文法やイディオム、発音アクセントや語彙などがすべて載っている参考書を一冊のみを購入し、その一冊を何度も何度も繰り返して学習しました。また、間違えた問題は辞書などで調べてから参考書の解説を読み、なるべく自力て頭をフル活用するように勉強しました。
辞書ははやりの電子辞書ではなく紙の辞書を使用して、調べた単語には必ずマーカーをひっぱりました。もう一度辞書で同じ単語を引いた時に、その単語が覚えられていないことを自覚するためです。また、参考書の問題が二週目、三週目の時には、答えの選択肢を選ぶ際に「なぜこれは間違いなのか」をしっかりと言えるように徹底しました。
単語は書店で「見やすさ」を重視して購入しました。トイレや冷蔵庫に単語の書いた紙を貼ったり、電車や車に乗っている間にしょっちゅう単語帳を開き、見て覚えるようにしました。覚えることが苦手だったので、とりあえず単語の中で一番よく使う1つの意味だけを覚えるようにしました。また、通学中はウォークマンに入れた「単語のCD」をきいていました。
薄い参考書をたくさんこなす方もおられますが、私は一冊の参考書を繰り返すことによってだんだん正解の数が増えていき、「自分はこんなにできるようになった」と自信をつけることができました。辞書はマーカーをひっぱることで「またこの単語か」と自覚することができ、確実な単語暗記につながりました。また、トイレや冷蔵庫に単語プリントを貼ることによって、どんなに単語が嫌でも単語を見てしまうので自然に覚えていました。
また、単語を視覚的に覚えることができました。単語の音声を聞くことによって単語の意味を覚えることもでき、また、発音も覚えることが出来で一石二鳥だったと思います。単語を覚える際は、少しずつ確実に覚えていくのではなく、ざっと目を通して「読む」という形のほうが、自然と覚えられるのでいいと思います。また、「1、パッとみたら意味がわかる単語」、「2、聞いたことはあるけど意味は思い出せない単語」、「3、見たことも聞いたこともない単語」の三種類に分類して、2→3のように覚えるといいと思います。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |  

pagetop