私が英語習得までに失敗(駄目だった)した英語学習法を紹介

2012年2月29日
LINEで送る
Pocket


私の頑張りすぎた英語学習方法

あくまで私なりに、ですが、どうも難しく考えすぎていたようです。英語も言葉でありますし、意思疎通の方法にすぎない。私は別に試験受けるわけでもなければ、仕事に活かすでもないですし。そうするなら、フィーリングであったり、よく言うゼスチャーであったり、そんなに文法的にキチキチしていなくても、まずは通じる、ということを改めて感じました。
しかしながら、そこで少し思うのは、やはり基本を疎かにするのはダメだと。フィーリングのみで対抗しようとする、恥のかきすてのような意気込みは評価できるけれども、そんな感じの人と外人さんが実際話している場面をみることで、またその時の外人さんの表情を見ることで、ある程度学ぼうとする姿勢もやはりなくちゃいけないと。感じました。
英会話教材のCD集は、5年ほど前に買いました。その時は、いい音で聞かなければ効果は薄い、とのことで、最新のミニコンポまで買いました。ご多分に漏れず、ほとんど進みませんが。構えても進まないことが何だかよくわかったこの頃、自然に英語を受け入れるために実践しているのは、前述のCD、「中学英語が1週間でマスターできる」的な本、洋楽音楽、某ソーシャルネットワークサービスです。
基本を掴むために本を読み、発音になれるために歌を歌い。部屋で頭をつかうことがないときは聞き流しでCDをかけておき、携帯のそのサービスで外国の友人間の会話文を見て、あれこれ考える。そういえば、翻訳の電子手帳なんかも持ってましたが、今って必要ないですね。まあ持ち歩ける分、使いようはあるかもですけど。
パソコンの翻訳機能で、簡単、何語にでも、文でも、しかも発音付きなのを知ったのも結構最近で、おお~って驚いた次第の時代遅れな私です。どれだけ勉強しても、やはり話す機会がないとどんどん廃れていくのは、数々の方の体験談により知りました。なのでやはり、外国の友人を持つのはVeryImportantなんだと思います。
今はボランティア仲間にアメリカの教師がいて、その携帯内には4人の友人の名前があります。ニュージーランド、アメリカ、イギリスです。効果が現れるほどまだ日は立ちませんが、私の中の対英語の姿勢が、今までにない感じなのはとみに感じます。頑張らない。普段に自然に。そこから段階的に強くしていけばいいのかなって、思ってます。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |  

pagetop