英単語を覚えるための一番手っ取り早い方法を紹介!

2012年2月29日
LINEで送る
Pocket


見て読んで聞いて書いて繰り返す英語学習方法

単語はとにかくかいて、発音があやはふやなものは必ず発音記号も書きます。読みながら5回は書きます。単語はその意味はもちろん、反意語や同意語など辞書に載っていれば、枝分かれして広がるものを出来るだけその時に拾って書いておきます。そうすることで、その時に枝分かれした部分までは完璧に覚えきれなくても次にその単語たちが出てきた時に自然と覚えやすくなっています。
文法や構文も書き出して覚えますが、基本的に問題にあたります。同じ問題集で何度も繰り返す方がいいと思います。私は最低でもひとつの問題集を三回は繰り返します。文法問題は特に単元ごとに分かれているものが解きやすいと思いますので、最初は解説やテキストを読んで、その問題に当たり理解を深めるのがいいと思います。
あとはTOEICやTOEFLのようにパターン化されているようなテストでは、そのパターンに合わせた問題集を解くことも大事だと思います。ある程度の基礎力がある方なら、長文を読んでわからない単語や構文を書き出して意味を取って訳していくのがいいと思います。高校の頃なんかに学校でやっていた形と同じではありますが、やはりそのやり方が染みついているのか、私はずっとそうやってきています。
会話力をあげるというのであれば、長文は必ずリスニングで聞き取り、シャドーイングをすることです。長文だと最初は3箇所聞き取って喋れればいい方かと思いますが、繰り返して聞いているうちに聞き取って話すことができてくるようになります。この方法で勉強してからは会話をする時に余裕が生まれて焦らなくなりましたし、流暢とは言えなくても口をついて英語が出る感覚を体に覚えさせることができたと思います。
ただ一番早いのは外国人の友達を作る、英会話でも個人レッスンにするという方法かと思います。上記の勉強方法でやってきて、留学経験などはありませんが25歳の時にTOEICで800点台になりました。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |    |  

pagetop