センター試験で効果のあった音読英語学習法を紹介!

2012年2月29日
LINEで送る
Pocket


効果的で簡単な英語学習方法

私の英語学習方法は長文を音読することです。この方法は、私が高校時代に実践していた方法です。それまでは、覚えたい単語をひたすらノートに書くという方法で勉強していました。この方法でも単語を覚えることができましたが、同じ単語を繰り返し書くので、書いている途中でただ写すだけの単純作業になってしまうことがありました。
そのため、何日か経つと単語を忘れていたりして、結局同じ作業をまたやるということがよくありました。長文を音読するという方法は、私が高校生の時に英語担当の先生が授業で、英語を覚えるためには声に出して読むのが一番だ、と教えていただいたものです。実際に、家に帰ってから時間があるときに、教科書の長文などを繰り返し音読してみると、何日かやるうちにだんだんと英語の言い回しが感覚として身につきました。
さらに、ただ音読するだけでなく、文の意味を考えながら読むことで、文中の単語の意味も自然に頭に入るようになりました。ただ、ここで注意しなければならないのは、正しい読み方、発音で読むことです。間違った読み方で音読しても間違って覚えるだけで、かえって逆効果です。正しい読み方、発音をすることで、リスニングも何を言っているのか理解することができるし、アクセントも正しく覚えることができます。
もちろん、大学受験の時の英語の学習で、音読だけをしたわけではなく、単語帳の単語を覚えたり、英文を書いたりもしました。しかし、単語や英文を書いて練習する時も、家にいるときはできるだけ声に出して読みながら練習したので、より効果があったと思います。結果として、大学受験時のセンター試験の英語では200点満点中9割以上をとることができました。今では、この方法を教えていただいた英語の先生に感謝するとともに、音読こそが英語を習得する上で一番の方法だと確信しています。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |  

pagetop