英語を習得したいなら始めに恥ずかしさを無くすこと!

2012年2月29日
LINEで送る
Pocket


英語で会話する事で上達する英語学習方法

勉強方法は、確かに真面目なやり方もあるのですが、やはり英語も会話なので、六本木に行った時に飲みながらでかまわないので多くの外人とフラッと近寄って一緒に英語で会話する事が大事だと思っています。
六本木に限らない話なのですが、外人と素直に真っすぐ話し合うと英語が壁に思わなくなるのです。日本人のメンタル面として、どうしても、間違ったら恥ずかしいという精神構造があるので、そういった恥じらいを取っ払ってどんどんお酒の力も借りて六本木の外人でも近寄っていって英語に慣れる事が大事だと思っています。
やはり、「慣れ」が必要だと思い、積極性がモノを言うものだと思います。引込み思案では英語をいくら学んだとしてもどうしても突き抜ける事がありません。何度と外人と冗談も言い合えるようになってくれば必ず英語も自然と上達してきて、そのうちに会話だけでなくて、読書に置いても簡単に思えてくるものです。
あまり苦手意識や慣れが足らない場合は上達速度がストップしてしまうのです。また、読書においても、日々英語に目を通していくことで慣れるので、たまに読んでいくのではなくて、毎日小まめにサイトうや英字新聞でも読み続ける事が大事なのです。とにかく「慣れる事」に重点を置いてどんどん接していく事が上達のこつです。
畳の上の水練じゃないですが、次々に読みこなしていかないと新しい単語や言い回しが覚えていかないのです。英字新聞でも比較的難しいとされる英字新聞や雑誌でトレーニングする事が大事です。筋肉のトレーニングじゃないですが、どんどん大きな用量にも耐えうる筋肉にするために英語の勉強に置いても日増しに難しい単語の雑誌にシフトチェンジをしていく事が大事なのです。これは誰でも同じ事が言えるので、皆そのようにしていると思います。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |  

pagetop