本気で短期間で英語を習得したいなら海外留学しとけ!!

2012年1月18日
LINEで送る
Pocket


海外留学でパワーアップする英語学習方法

私は高校生の時に、「ビバリーヒルズ」シリーズにはまって、いつか留学したいと思っていました。就職後、初めての海外旅行で、私のカタコトの英会話が全く通じず、この時に本格的に英語の勉強に励もうと、某英会話スクールに通い始めました。仕事が忙しいという理由と、自宅から英会話スクールまで車で約1時間かかったのもあり、月に2回程しか通えず、結局3年経っても全く上達しませんでした。
しかし英会話スクールのしゃべり場のようなイベントに参加して、英語を学んでるお友達を作ると、一緒に頑張ろうという思いが芽生え、英会話スクールに休日のみならず、仕事の後も通ったり、自宅でも予習復習するようになり、徐々に英会話が出来るようになりました。
また、習った英語を実践の場で使ってみようと、外国人が多いナイトクラブに行き、外国人の友達も作りました。やはり、習ったことを実際に使うことが1番上達に繋がっていったと思います。また、海外旅行で積極的に英語で話したり、できるだけ日本人の少ない場所を選びました。
英会話スクールでクラスがアップしたことや、海外旅行で通じるようになり、少し英会話にも自信がついてきた為、働きだして4年後に、念願の夢を叶え、カナダのトロントに留学しました。トロントは比較的日本人が少なめという理由で選びました。
英会話スクールに通っていたこともあり、何とか会話できるだろうと甘く考えていたところ、実際海外で生活すると、ショックなことに、自分の英会話が全く使えないことがわかりました。トロントでも英会話スクールに通ったのですが、クラスは1番下でした。
初めはしゃべれない、聞き取れないことが恥ずかしく、授業でも発言せずに、日本人の友達とばかり話していました。しかし、これでは留学に来た意味がないと思い、積極的にクラスの外国人留学生に声をかけ、授業でも発言するようにしました。家では英語のテレビや、DVDを観たりしました。
また、夕飯の時はホストファミリーに積極的に話をしたり、積極的に質問しました。その当時の勉強法は、教材は日本語の一切入っていない英語で説明が書かれた英語の教材を使って勉強しました。これは現地で購入しましたが、日本でも大きな書店に行けば売っていました。
日本語で書かれた教材も持参していたのですが、どうしても日本語で説明してあると、日本語で解釈してしまうので、それは使わなくしました。英英辞典も活用しました。それから、ハウスメイトの外国人留学生と積極的に遊びに出掛けたり、英語の歌を聞いたり、英語の映画も観に行きました。
あえて日本語を遮断するように心掛けて生活すると、トータル4年間、英会話スクールに通っていた以上に、トロント留学の6ケ月間でみるみる英会話が上達していきました。また、英語漬けにすることで、夢まで英語でみるようになりました。
これらの経験から、いくら英会話スクールに通っているからといっても、英語を上達したいと強い意識を持って、できるだけ英語漬けの環境を整えないと、英語は上達しないと思います。
あとは、好きな映画を日本語吹替ではなく、英語で何度も観て、フレーズを覚えることもとても良かったです。1番の上達法は、お金や時間にゆとりがあれば、やはり海外留学や、海外旅行かなと思います。
現在娘がいますが、私のように英語で苦労はかけたくないと思い、お腹にいる時から英語の歌を聴かせて、今も英語の歌や英語のDVDを観せて、英語を自然に身につけられるように環境を整えています。今後は英語の絵本の読み聞かせもしていきたいと思っています。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |    |  

pagetop