英語学習に近道は無い!ひたすら英文を読んで単語を覚える

2012年1月17日
LINEで送る
Pocket


地道に行う英語学習法

英語の勉強というと、「書く」「読む」「話す」「聞く」の4つを重視しています。周りに外人がいないので、実際に英語で会話をするチャンスがないので、英会話レッスン以外は英会話の時間が作る事が出来ません。
基本的には、一人で黙々と進める事のできる「読む」事にかなり慣れて、「話す」「聞く」事がおろそかになっています。しかしながらはたや「読む」というところでは、かなりの自信があります。自分の英語の「読む」力をつけるやり方は、ひたすらFTやeconomistを毎日電車の中でどんなに眠くても疲れていても必ず自分に鞭を打って紙面を読破する事です。
economistにおいては量もかなりある方なので、毎朝毎晩通勤の電車の中で、降り忘れるくらいの集中をしていないと読破する事ができません。それを2年間やってきているので、大概の経済紙面やネットからの英語のソースは簡単に読めるようになりました。とにかく毎日2時間は読んでいれば相当の力がついてきます。
大概の英語は難なく読めるようになるので、2年間鞭を打って読み続ければ良いと思います。常にバッグに英語の読み物はしたためておいて、なにかしらの隙間時間で常に開いて読んでいく事は体に染み付ける事です。日本に生きている以上、外資系や外人の友達といる以外は、そうそう英語で会話をする事も英語を読む事もありません。
一日のどの時間で英語に触れていくかは、やはり隙間時間しかないのです。寝る前でも寝ている間でも隙間時間に考えると意外とまとまった時間もあるものなので、効率を考えつつも隙間時間に集中して単語も調べたり覚えたりしつつ、ひたすら英文を読み続けていく事です。これ以外に近道はないと思います。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |  

pagetop