今話題の電子書籍kindleを使った効率的な英語学習方法

2012年1月21日
LINEで送る
Pocket


電子書籍kindleで英語学習方法

アマゾンの電子書籍端末kindleでは、洋書の電子書籍版が安い値段でとても早く購入することが出来ます。英語学習には洋書の多読がおすすめという事もありますし、このkindleを活用しないのはもったいない事です。
最新型のkindleは1万円もしない価格で安く手に入りますし、また重さも文庫本レベルなので寝転がってkindleで洋書を読んでも手が疲れるという事もありません。
いきなり洋書を読むのは難しいのではないかと思われる場合は、アメリカのアマゾンのサイトには試読サービスが行われていたりするのでそれを試しに読んでみて、これならば何とか最後まで読み切れそうと言うのを事前に確認するのもいいと思います。
またkindle向けの電子書籍はパソコンのkindleアプリやスマートフォンのkindleアプリでも読むことが出来る為、いきなりkindleの購入をしなくても最初はこれらから始めてみるというのもいいかと思います。
これらに比べたkindleのメリットは、スマートフォンと比べて画面が大きかったり、PCと比べて従来の本と同様にベットで横になって読むことが出来るという点になるかと思います。
また、kindleの表示装置は電子ペーパーですので液晶画面などよりも目にやさしいのも嬉しい所です。その他、kindleの場合、紙の洋書とは違って英英辞典ではありますが電子辞書を内蔵していますので、分からない単語が出てきた時などには一々他の電子辞書やら紙の辞書、インターネットなどで調べなくてもkindleだけで完結するというのも良い点です。
加えて英英辞典の利用により、英語能力が鍛えられる結果にもつながります。実際、kindleでの洋書の多読をしてみた効果ですが、まず英語の長文読解能力が高まったというのと、洋書に対する苦手意識がなくなったというのが大きな効果です。これら2つは大きな効果と言えるかと思います。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |  

pagetop