独り言でも効果は抜群!英語の習得には英語を使う機会を増やせ!

2012年1月23日
LINEで送る
Pocket


好きな海外ドラマで英語学習方法

まずは、好きな海外ドラマをDVD等でレンタルする。基本的に英語は初心者なので専門用語が少ない話がいいので、医者、弁護士、サスペンス的な内容のドラマは避ける。
望ましいのは、一話簡潔のホームドラマ的なものがやりやすい。NHKで放送している様な海外のお笑いホームドラマに抵抗がなければ 一番いいと思います。まずは、英語だけで鑑賞します。内容が分からないが、笑うポイントはなんとなく言っている事が理解できる感じになります。
一話を見終わると、今度は英語で字幕を日本語で見ます。そうすると、笑うポイントでの内容が近からず遠からずだった事が分かります。今度はまた英語の音声のみで鑑賞します。ただひたすら聞くだけです。
この勉強法の効果は、私生活の英語を覚える事です。基本的に家の中でドラマが展開されるので、身の回りの英語から覚えていきます。また、ジョーク番組なので、外国のジョークを理解していきます。
ただの単語の並びを覚えるより、文章をセットにして覚える方が、ただ単に記憶するより覚えやすいです。それが、ジョーク言葉であればより覚えたくなります。初めは数個の台詞を覚えて、独り言の様に家庭で使えば、そのフレーズの文法を覚えます。
そうすれば、あとは単語を入れ替えるだけで応用が利きます。その時入れ替える単語はやはり日々覚えていくしかないのですが、単語だけを覚えるよりは、やはり文章とセットで覚えていくのが一番勉強している感が少なくていいと感じました。
何度かドラマを見ている内に観客の笑いとこちらの笑いが同じタイミングになった時など、ネイティブになった錯覚がまた心地良い感触です。机だけに向かう勉強ではなく、耳を英語に慣れさせるのが一番の目的です。
単語を勉強するときは、身の回りの雑貨から覚えると使う英語が多くて話す機会も増えます。話すといっても誰かと話すのではなく、基本的に独り言です。電車の中とかは言いにくいですが、家の中で独り言を英語でつぶやくとまた、ネイティブの錯覚がおきて少し楽しくなります。
勉強だけど、楽しくないと勉強できないので、いかに自分が楽しみながら勉強できるかが、重要だと思います。私の場合、家の中では外国人になった気分で全てオーバーリアクションで独り言言っていますので、恥ずかしくてそれが面白くなってきます。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |    |    |  

pagetop