語呂合わせ・ダジャレで覚える脳科学を意識した英語学習法

2012年1月23日
LINEで送る
Pocket


インターネットを活用する英語学習方法

私が行なっている英語(英単語)の学習方法は、インターネットを活用して、とにかくお金をかけずに、英会話はともかく英語の「読み」や「書き」だけでもマスターしてしまおうという方法です。
現在では、英語の文法を詳しく解説してくれるようなサイトはネット上にたくさん存在しているので、レッスンを受けたり参考書などの教材を購入しなくても、そこそこ高いレベルまで、自力で英語の文法を勉強できるようになりました。
そのほか、英単語の語彙の補強のためには、英語学習フリーソフト「英単語名人10000」や、根岸英語塾さんのサイト「逗子田越村新聞」内にある、無料の「最強の英単語暗記クイズ」など、四択や五択のクイズ形式を用いた学習を行なっています。
脳科学において、人間の脳みそは、辞書を眺めるなどしてただひたすら暗記をしていくよりも、学習中に何かしらの「刺激」や「感情」を伴なったほうが、物事を記憶しやすくなると言われています。
クイズ形式を用いた学習であれば、正解した時に脳みそが「快感」を感じるので、記憶の定着にはもってこいの方法なんです。私の体感的にも、この学習方法に変えてから、以前よりも非常に英単語を覚えやすくなったように感じています。
何回か同じ問題を繰り返すことによって、日本語訳から英語訳、英語訳から日本語訳がパッと浮かぶようになりました。そのほか、「語呂合わせ」も記憶の定着に非常に有効と言われているので、常にその英単語を使って面白い「ダジャレ」が作れないかどうかを強く意識しながら、学習を行なっています。フリーソフトの「英単語名人10000」は、イーオンの英語学習サイト「ペラペラ」や、ベクター、窓の杜などからダウンロードできます。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |  

pagetop