英語の習得にはコミニュケーション力が大事なのか!?

2012年1月7日
LINEで送る
Pocket


『All In One』を使った英語学習方法

学生時代は英語が大の苦手でしたが、ひょんなことから、現在英語圏で生活することになり、英語の勉強を余儀なくさせらました。一対一の場面では英会話ができるようになりましたが、いまだに複数のネイティブが喋っている場では、発言はおろか、話題をつかむことすら苦労をしており、いまだに英語学習中です。
(1)英語圏に移る前、移った直後に力を入れていた学習①単語・文法・リスニングの学習。単語、文法、リスニング等の学習がいっぺんにできるというのがうたい文句の『All In One』を使用。
この参考書には、少々長めの単文の中に、ポイントをしぼった文法要素が盛り込まれ、新聞や雑誌を読むのに書かせない重要単語がちりばめられています。CDを聞きながら文法事項を確認するとともに、付属のCDを家事をする際やフォーキングの際に何度も聞きました。
今振り返ってみると、この本の文法事項は、当時のわたしには少々難しすぎた気もしますが、この本のおかげで、英語の底力のようなものがついたと思います。単語については、『Duo』も使用。同じ単語に別の文の中で出会うことによって、定着率が高まったと思います。
(2)現在、力を入れている学習①リーディング。大人向けの本は、わたしにはまだストレスが多いので、バザーなどで児童書を買っては読んでいます。辞書は引かないことを奨励している多読法もありますが、わたしは、わからない単語があるとイライラしてしまうので、電子辞書をしょっちゅう使っています。とにかく楽しく読める本を、なるべく多く読むことを心がけています。
②ドラマを視る。現在、いちばん伸ばしたいのがヒアリング力。ネイティブ同士の会話についていけるだけのリスニング力をつけるべく、もともとあまりテレビ好きではないのですが、なるべくドラマ等を視るように心がけています。
最初のうちはクローズドキャプションをオンにしていましたが、読むことに集中してしまって、肝心の耳がおろそかになってしまうような気がして、最近はオフにしていることが多いです。
電子辞書を手元において、気になった単語は調べています。最近になって、かなりの部分が理解できるようになりましたが、それにはリーディングを多くしたことが影響しているような気がします。
最後に、、、、英会話力の伸張には、もともと人と喋るのが好きなのがいちばん大きいような気がします。話したいことがあれば、それを英語でどういうか考えるでしょうし、話す機会も多いでしょう。わたしはだもともと非社交的な性格で、日本語であっても話し好きではないので、ダメですね、、、。せめて、リスニングだけでも伸ばしたいものです。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |    |    |  

pagetop