無理をしないで長続きすることが英語学習の成功のポイント!?

2011年12月29日
LINEで送る
Pocket


無理をしない英語学習方法

私の英語学習法は 「無理をしない」をモットーに、簡単にできて かつ 効果的だと思うものを選んで実践しています。まず、今 はやりの「聞き流し」です。できる限り、英語が耳に入るような環境を作ります。
朝 目覚まし時計ではなく、起きたい時間に 自動でテレビがつくように設定しておき そのとき番組を 英語関係のものにしておきます。 英語講座よりも、英語のドラマ・映画などの方が楽しいです。映画よりも ドラマのほうが、セリフが多いような気がします。
ドラマ・映画で耳が慣れてきたなと思ったら、番組を 英語講座のようなものに変えてみると 「あー、そういうことだったのか」とか「あっ、これ こないだの。分かる 分かる。」というような感じで 無理なく英語が身について来たな という実感を得ることができます。
英語講座が 苦しくなってきたら また ドラマなどの軽いものに変えてみて 耳を慣らします。(最近のはやりの言葉では、英語脳を作るというらしいですね。)
その他には、車に乗ったときは 英語のテープやCDを用意しておいて車に乗ったら すぐ テープ・CDをかけます。『すぐ かける』ことを習慣にするのがポイントです。エンジンをかけてから 出発する前に かけます。出発してからでは 忘れてしまうからです。
一日に5分でも 積み重なると 大きいです。同じ フレーズを何回も聞いていると、自然に覚えてしまいます。飽きてきて耐えられなくなったら、ほかの物に変えてみます。
そして 耳で覚えた英語が多くなってきたなと思えてきたら、辞書や英語の本などを開いてみて関心の向くものから 読んでみます。「これ、つづりはこうだったのか。」とか、「この単語は こういうときにも使うのか。」など気づくことが たくさんあります。これを くりかえしていくと、英語が少しずつ 口に出るようになります。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |  

pagetop