NHKのEテレを使った意外で長続きする英語学習法とは?

2011年12月31日
LINEで送る
Pocket


NHKのEテレを使った英語学習方法

私の場合、テレビのNHKの主にEテレ(以前はNHK教育テレビ)を使って、ここ5年ほど英語を学習しております。私は元来、飽きっぽい性格なので積極的な学習方法は、すぐに飽きてしまい結局長続きしないことが多いので、この学習方法にたどり着きました。
私は、夜にパソコンを使って仕事をするのが日課になっており、そのときに毎日夜の11時前後に放送される英語番組にチャンネルを合わせ、見ると言うより聴きながら学習しております。
なぜ飽きっぽい私がこの学習方法を5年も続けることができたかと申しますと、一番の理由は、NHKのEテレの英語番組は多種多様のものが放送されているというのが一番の理由でしょう。
旅番組風のもの、歌をテーマに学習するもの、またはタレントを出演させて学校風に仕立てたものなど実にバラエティに富んだものが放送されています。
そのうえ半年単位で殆どの番組が新しい番組と入れ替わるので、そのときそのときで自分の好みに合うものを重点的に視聴すればいいのですから、飽きることなど殆どありませんでした。
実際全ての番組をちゃんと学習したとは言えませんが、これだけ多種多様な番組が用意されていればどれかしら自分好みの番組が必ず一つ二つは放送されています。
しかも好きな番組を視聴し逃したとしても、Eテレの場合必ず再放送がどこかの時間帯でされるので、大変助かります。このこともわたしが続けられた理由の一つでしょう。
あともう一つの要素として、時間が短いものが多いという点も私の好みに合ったとも言えるでしょう。短いものでは5分や10分のものもあり、これぐらいの時間なので毎日でも無理なく続けられたというのもあると思います。
さて効果のほどですが、あれこれ偉そうなもっともらしいことを述べましたが5年も続けている割にはさほど上達したとは言えません。というよりあまり実践で英語を話す機会がありませんので自分でも上達しているのか判断しようがないというのが本当のところです。
ただ、たまに英語の映画やドラマを観ているときに”あれっ!?今しゃべったこと、わかっちゃたぞ。”というようなことがたまにはあるので、少しは上達しているのかなと思うときはたまにあります。
少なくとも英語のことをいつもどこか頭の中に意識していると言うことはそれだけでも進歩の証ではないかと自分では満足しています。たぶんこれからもこのEテレ英語学習法は続けるのではないでしょうか。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |  

pagetop