睡眠をうまく使った英単語暗記法を紹介!楽して覚えられる!?

2011年12月27日
LINEで送る
Pocket


暗記するには睡眠が大切!英語学習方法

暗記など記憶しないといけないものに効率的なことは、反復してそのことをするということだと考えてます。また、暗記物をやるのにいちいち勉強としての時間をつかうというのはあまり効率的ではないと思います。
なので、隙間の時間を暗記時間に割り当てるというのが英単語や熟語を勉強するのにはよい勉強法だと思います。通勤通学の時間が主にその暗記時間に当てられると思います。
私は、通学の時間や予備校への電車内で暗記を行ってました。また、単語帳は携帯電話のアプリを使ってやりました。いつも持ち歩いてる携帯電話なのでいつでも隙間の時間を見つけてできます。
そして、次に夜中寝る前にざっと単語を暗記して寝ます。睡眠時に短期記憶から長期記憶になるので睡眠前にざっと行うことにより、より覚えやすくなるのです。
そして、翌朝準備をしながらや通学のはじめに昨日の夜にやった単語を覚えてるかを単語帳なしで記憶のみでやります。これが私の暗記術です。
この効果は、結構あり短期間で相当数の単語を覚えることができました。ポイントとしては、自分の隙間時間を見つけることがまずはじめのポイントだと思います。
なので、まず自分の一日の隙間を探しだし、その時間が何分くらいあるかを探します。自分の隙間時間を認識して意識することが大事だと思います。
次のポイントは、夜にざっと暗記をして睡眠をしっかりとるということです。睡眠をとらないと長期的な記憶にはならないので、徹夜して勉強はとても効率が悪いです。
この二つのポイントがとても重要だと自分の中では思っています。いくら時間をかけてがんばっても効率が悪かったら無駄な努力となってしまいます。なので、自分がやりやすく効率のよい方法を探ることが重要です。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |  

pagetop