ゲームで英語が!?DSの英語漬けの効果は想像した5倍以上

2011年12月31日
LINEで送る
Pocket


ゲームによる英語勉強法

自分が行った英語勉強法はゲームによる英語勉強法でした。使ったのはDSの英語漬けというソフトです。まず初めに、なぜ英語を勉強しようと思ったかというと、実は理由もなく、サラリーマン時代にただ漠然とこれからは英語とか必要かなぁ、TOEIC受けてみようかなと思い、とりあえず大学卒業から離れていた英語の教育のためになにか教材がいるだろうと考えました。
TOEIC対策本やPODCASTの英語教育番組、海外放送など試しましたが、なかなか続かず、そんな中、当時発売されたばかりの英語漬けに手をだしたのです。
効果としましてはまずまずのものがあったと思います。特に筆記よりもリスニングに強くなった感があり、初めて受けたTOEICでもリスニングの点数が思ったよりとれていました。ゲームは1プレイ、1つの課題が10分かからずに終わるので、通勤中のちょっとした時間に行え、かつ、毎日続ける事ができます。
この、毎日続けるというのが英語学習では最も大切な事だったのだと思います。よく英語で挫折する人の話を聞くと、いきなり大量に問題を解こうとして嫌になって続かないと聞きます。このゲームにはカレンダー機能や日々の成果をテストしてグラフ表示してくれるなど、毎日続けるための仕掛けが多く取り込まれており、日々自分が英語が身についている感覚が味わえるように作られています。
実際にこのゲームではDSの筆記の認識が甘かったり、発音が聞きづらい部分で戸惑ったりすることがあるかもしれません。それでも、久しく英語教育から離れていたり、毎日コツコツ英語勉強をしていきたいという人にはとても優れた勉強法だと思います。そして、ここをステップアップとしてより高度な教材に手を出していくのが良いのではないでしょうか。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |  

pagetop