その国の文化を考える?日本人に最適な英語学習法がある!

2011年12月28日
LINEで送る
Pocket


復習して学ぶ英語勉強法

義務教育は、その一環として、英語を義務付けています。その背景は、多々ありましょうが、英語が広く英語圏において使われ、商業社会世界としての公用語ともいえるからでしょう。つまりは、ビジネスのためといえるかもしれません。
単語の次に、文章の例文学習がありますが、その中でも印象的な“Nice to meet you.”、“I introduce Mr.Ito to you.”などの文章から英語学習文例編は始まるわけですが、こうしたシーンはホームステイにおいてというよりは、各種就職後などビジネス的必須のシーンであり、甘い交際のはじまりなどを推奨するために載せられている例文の想定する生活上の場面というわけではありません。
文化的差異の埋め方も解らないのに行うべきシーンというわけでもないのです。文章教育は、まずは人間理解から始まりますから、何が礼儀か、文化的差異はどこにあると推察されるか、交際におけるボディランゲージやジェスチャーなど、あるいは会話形式―日本人の遠慮がちな文章自体が外国には稀有でそらぞらしく真意が糊塗されすぎと思われ、日本の理解されない面も多いことから推察され、多く注意がなされていることではありますが、基本マナーの習得をしておくのがいいでしょう。
ノーをイエスと思われないようになるという効果が期待できます。知ったことは話すのも良い勉強方法です。教科書の例文を口に出したりして、しっかり復習する学習方法を行うと、いろんな場面にストレートな対応が可能になる学習効果があります。
もう、道端で困った外国人と話してもさしさわりがないくらいです。そういうときは文章をコピペのつもりでさっと出す事から始めましょう。日常会話は上手くなる学習効果があります。必要な会話文が限られているからです。
それゆえ、正しく言えますという誇りがあります。誰も、外人さんには日本人のようでいてくれとは思わないのです。その文化的差異は絶対的なので、ナチュラルボーンの在籍者と同じだと思うことは諦めて下さい。あなたはあくまで日本人なのです。それをわきまえて、正しく日本を伝えてください。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |  

pagetop