英語が大の苦手な私がオススメするスラング会話集の英語学習法

2011年12月31日
LINEで送る
Pocket


参考書を使った英語学習方法

英語は中学生の時から一生懸命勉強しています。家にも本箱一つがそっくりそのまま全て英語の参考書、それくらいに必死で勉強しています。それでも話せない私…日本人の典型です。
あらゆる方法を試した私ですが、いくつかピックアップしてみます。まずは王道の参考書です。文法問題を理詰めで解いていく、日本のオーソドックスな勉強方法です。
次はよく新聞の特別広告に載っていたり、最近ではテレビCMも盛んにされるようになった、「聞き流し系」の英語勉強法です。他には英語の歌を丸暗記することや英会話学校に通うこと。そして今やっているのはスラング(俗語)会話集の聞き流しです。
文法問題の参考書を解くことに関しては、全く意味がなかったとは思っていません。TOEICもそのおかげでそれなりの点数がとれるようになっているし、日本の教育上、進学には必要なものなので。
聞き流し系の学習も、広告に謳われているように、それ自体で英語が何とかなってしまう、という奇跡は私には起きませんでしたが(笑)、疲れている時や勉強したくないけど時間を無駄に過ごしたくないときにBGM感覚で流していると、ある日急に内容が聞き取れるようになっていたことはあります。
他の勉強の成果が、確認できる意味でもいいと思いました。歌の丸暗記は楽しみながら出来たし、発声することで会話に一歩近づけた気がします。しかし、英会話学校は私には向きませんでした。どうしても緊張してしまうし、周りに合わせてしまうし、自分もですが、周りも稚拙な英語を話すのであまり身になって言っている感じはしませんでした。
そして、今やっているスラング会話集の聞き流しは、英会話勉強としては一番良いものだと思ってもう1年ほどはまっています。外人と会話するとき、何が怖いかと言うと、「間」を持たせられないことだと思うんです。それが出来るようになることで、会話が億劫にならなくなり、英語で自然に会話するという夢に近づいていけています。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |  

pagetop