学生時代に教わった格段に効果が上がる2つの英語学習法

2011年12月31日
LINEで送る
Pocket


私の2つの英語学習方法

私の英語の勉強方法としては、いくつかあります。まず基本的に、学生時代は読み書きがとても多いです。社会人や試験になったら、読み書きもあるんですが、それよりも、聞き取り、スピークがとても多い気がします。
1つ目は、まず英語の歌を聞く。英語の歌は、カーペンターズが一番オススメです。歌いながら、英語を覚えられるといった感じです。発音がしっかりしていて、リズムがあるので、耳に入りやすく、リラックスしながらできる勉強方法です。
そのあと、歌詞カードを見て、もぅ一度歌ってみてください。耳から入ってきた言葉と歌詞カードを見てでは違ったりするので、比べながらもう一度歌います。そのあと、気になる単語、わからない単語を英和辞典を使って調べていきます。
それから、文章をつなげていき、自分なりに訳していきます。全て訳したら、翻訳されてるものと見比べ歌を聴きながら、翻訳した部分と、曲の部分のをなぞります。最後に、曲を聞くと、発音や意味が、すんなり耳に入ってきます。
私は、中学校のときにこの学習方法を教えてもらいました。勉強してるというより、音楽鑑賞の延長線上みたいな感じなので、とても楽しく勉強できました。発音や、イントネーション、単語を簡単に覚えられ、意味を調べようとするため、何度も辞書を開くので、単語の意味はもちろん、
どう言った感じで、その単語を使うのか、文法の使い方などがのっていたり、目的の単語以外にも、目に移ったりするので他の単語も覚えられます。この勉強方法をしていたら、学生時代の聞き取りにはとても効果的でした。
社会人になり、外国に行くことがありましたが、聞き取ることができたので、効果的な勉強方法だったんだなぁと思いました。単語や文法の書き取りは、たくさんしないとダメですが、英語の意味を理解したり、日本語として訳することにとても強い勉強方法です。
2つ目は、わからない単語や、これは英語で何というんだろう。とちょっとしたことでも英和辞典や、和英辞典を使って調べる。そして、調べた単語を自分のものにする。覚えるまで、何度も紙に書く。または、単語帳を作る。この勉強方法をしていると、学生時代の読み書きが多い英語の勉強にはとても効果的です。
1つ目と2つ目の勉強方法を併用していたら、英語検定3級を簡単に取れました。今では、英語をきくことはあっても、実際書くことはあまりないので、洋楽などを聞いたりと身近に英語を取り入れて、英語に耳をならしています。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |    |  

pagetop