実践的な英会話が身につく映画とラジオを使った英語学習法

2011年12月31日
LINEで送る
Pocket


英語の映画をたくさん見る英語学習方法

私の勉強方法は実践での会話の技術の向上を目的とした勉強方法です。この面でのスキルアップのためには構文を覚えることも大切ですが、それ以上にヒアリングの力をつけること、また正確な文法でなくても相手に伝わる表現能力を身に着けることを重点的に努力しています。
ヒアリング能力の向上ですが、まず英語のラジオを毎日聞くようにしています。ラジオを聞き分からない単語、特によく耳にするが知らない単語を中心に辞書で調べるようにしています。
また英語の映画をたくさん見ることを目標にしています。これは英語圏に住んでいた友人からも勧められた方法です。特に一度日本語で見て内容を知っているものを見るようにしています。
ストーリーの展開、個々のセリフを思い出しながら英語を聞くので理解しやすいです。また相手に伝わる表現能力を身に着ける点では、とっさに説明したいことや自分の言いたいことを表現できるようになる必要がありますが、ネイティブスピーカーと毎日のように話す機会が無い限り、自然に進歩するのは難しいことです。
それで一日の終わりなどに「今日、私は誰とどんな会話をしたか」という自問をしています。これはもちろん日本語での会話です。そして、思い出しながら次にこう自問します。「これらの会話を英語で言うならどうしたら良いか」そう考えることによって実際のありがちな会話での表現能力を身に着けるようにしています。
これらの学習方法の効果ですが、英語のラジオを聞くことやDVDで映画を見ることは、特に受け答えの時に、数ある類義語や語彙の中からどのような単語を使うのがベストなのかを習得できているように思います。「こういうシチュエーションではこう言えるのか」という実践的な学習ができていると思います。
また実際の日本語での会話を思い出して、それを英語で表現しなおす方法も、自分の表現力が向上し、適切な文法を選ぼうと努力するので、私にとってはとても効果的な方法となっています。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |  

pagetop