洋楽を歌って楽しみつつ効率的に学べる英語学習法とは!?

2011年12月31日
LINEで送る
Pocket


洋楽を歌って英語学習方法

洋楽勉強法は、カラオケで洋楽を声に出して歌うという方法です。案外、自分では歌えているつもりでも、カラオケへ行くとリズムに狂いがあったり、スピードに追いつけなかったりします。
そこがじつは日常英語の難しさとそっくりです。英語の聞き取りの際にも、英語のスピードが速すぎてさっぱり理解できなくなってしまい、部分的な英単語のほかすっぽり抜けていたりします。
もっともゆっくり話しても聞き取れない場合には、構文や単語の不足とも考えられますが、ネイティブに近い聞き取りへの対応は、言い換えるとスピードへの対応もその構成要素です。字幕を左から右へものの1、2秒でたどっていくときにも、自分が発声できるかを英語の力試しにしています。
英語を試す機会として、カラオケへ行って必ずといってよいほど洋楽を流します。それはもはや洋楽が好きだからという理由ですが、それは勉強していくうえで一番大事な部分ともいえます。
歌ってそこで発声できなかったところを帰ってからCDで繰り返し聞いて、歌詞を見て歌えるようにします。まるで、英語の学校へ通っているかのような方法ですが、これで10曲以上も歌えるようになりました。
たとえば現在人気歌手の一人に、レディガガがいます。英語といっても、堅い話題や一般的な話題の多い教科書の文面を読んで、眠ってしまうよりは効果があると思うのです。好きこそものの上手なれ、というように、自分が興味を抱く歌を歌うほうがストレスもなく楽しんで歌えます。
だから私はTOEICのリスニングテスト・練習問題はほとんど解きません。資格対策での英語は楽しめないからです。リズムに合わせて英語に触れることのできる、歌をおすすめします。歌は英語の内容がわからなくとも、何度も繰り返して聞くことに抵抗なく、おまけに発音やメンタルにも前向きな影響を与えてくれることでしょう。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |    |  

pagetop