ヒアリングを効率的に鍛える4つの方法を紹介

2011年12月31日
LINEで送る
Pocket


ヒアリングで耳を慣らす英語学習方法

私の英語の学習方法は、なんといってもヒアリングです。基礎の単語や、基礎の文法はテキストや辞書などである程度勉強しますが、ヒアリングで耳を慣らしていくことが大切だと思ったからです。
気に入ったなるべく長文の文章で、日本語と英語、両方が確認できるものを用意します。例えばCDとテキストといった教材が良いかと思います。そのCDを毎日、空いた時間でもいいから聞き流していくというスタイルです。
最近の教材では、英語のスピーキングの後に日本語の翻訳といったものがあるので便利です。英語の文法と日本語の文法は根本的に違うので、まず徹底的に英語の語法に耳を慣らします。
これを繰り返し、繰り返し聞いていくと自然に英語で伝えたいことのニュアンスがつかめてくるようになりました。そしてある程度、自信がついたときは完全に英語のみの内容を聞くようにしていました。
昔の話になりますが、大学受験の時に英語を鍛えたくてこの方法で学習していたところ、受験を受ける頃には英語の偏差値が他の教科よりも数段上がっていました。
その後、学校で翻訳コースの方とも友達になりいろいろな英語学習方法を参考にしました。例えば海外の有名な映画を家で見ます。その時、ガムテープを用意して字幕部分にテープを貼って鑑賞する。または、片手を顔の前に持っていき、字幕部分を隠すように観る。そして翻訳に自信がない箇所は手をどけて字幕を確認する、といった方法もあります。
単語を知らないと翻訳も出来ないので、まず単語の知識を増やす必要がありますが、これもテキストや辞書を参考にして繰り返し、聞く→書く→話すの練習をして覚えていきました。
そして何よりも効果があるのは、外国の人と友達になることです。コミュニケーションを重ねていくうちに、伝えたいことなども増えて、知らぬ間に辞書を引く回数も増えていきます。最近ではメールやチャット、電話も気軽にできるようになりました。ネイティブの人に自分の英語力を試す良い機会にもなれますし、より楽しく効果的に学習が進みます。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |  

pagetop