EvernoteとiPhoneを使った効率的な英語勉強法を紹介

2011年11月25日
LINEで送る
Pocket


iPhoneとPCを利用した英語学習法

私の英語勉強方法はiPhoneとPCを利用して英単語を覚える勉強方法です。方法はiPhoneに関してはいくつかのアプリ(無料でも十分)をインストールして、電車や家でリスニング対策などをします。
そして、家でする際にはPCのファイルに、英単語、日本語、例文をそれぞれ記入して保存しています。そして、DropboxやEvernoteなどファイル共有ソフトを用いて、自宅PCとiPhoneで同期してiPhoneでも見えるようにします。
そうすると、一度やった内容をどこでも確認することができるようになります。もちろん、iPhoneに限らず、購入した本などもPCファイルに打ち込んで共有することで同じ方法を取ることが可能です。
効果として、まずPCで打ち込むので見たり聴いたりするだけでなく、書くと同様の効果、復習の効果もあります。さらにデータ管理しやすい形で残るので蓄積すれば辞書がわりにもなります。そして友人や同僚などと共同して行えばその蓄積量も倍増するので効率アップします。
私個人としてはTOEICの勉強する際にイディオムのマスターに実際にこの勉強方法を活用しました。TOEICのリスニング用アプリを聞いてPCに書きおこすことでリスニング用ソフトでありながら着実にイディオムも増やすことができ、点数を上げることができました。
この勉強方法のいいところは、聴きながらPCに打ち込むことで一度で打ち込もうとリスニングに非常に集中しやすくなるという点です。そのため、私のTOEICの結果もリスニングが400点超の点数を得ることが出来ました。
本のようにがっつり勉強が必要なものに対してよりも、1日10分など簡単な本やアプリに対して活用することで、無理なく続けられると思います。特にスマートフォン向けの英語学習アプリが増えてきたので今後も勉強しやすい方法だと言えます。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |  

pagetop