英語は基礎基本を徹底的に覚えればぐっーと伸びる!

2011年11月25日
LINEで送る
Pocket


基本的なことから始める英語勉強法

受験を控えているために英語のスキルアップが絶対的に必要になりました。ですが私は根っからの英語嫌いで、構文とかの説明はあるものの、どうしても納得しての理解が難しい部分が多かったです。
それでもどうにか習ったままの文章では理解ができるのですが、少し違う単語や、少し違う場面で応用しようとすると、全く答えることができませんでした。
しかしそのレベルもさほど高いものではなく、目指すところに受かるためにはまだまだレベルの高い英語力を身につけなければいけないということで、かなりの焦りがありました。
その焦りからとにかく英単語だけでも覚えようとか、難しい構文を覚えれば、簡単なものにも応用がきくだろうと考えていました。そうやって勉強を少しの期間続けたのですが、確かにある程度のものは読み取って理解できるようになったのですが、逆に日本語を英語に訳すことになると、一気にだめでした。
そこで、inとatの違いだとか、気になっていた細かいことから調べて、不明確な部分を無くしていくことをはじめました。確かに感覚で覚えなければいけない部分もあることはわかったのですが、それ以上に自分が知らなかったことが多かったことに気づき、その基礎基本的な部分を知り、ひとつの日本語の文を英語に訳したときの色んな訳し方のパターンも勉強したことで、英語を表現するときの自由度を感じることができました。
そのときに、自分の中の囲いが取れたような気分になり、苦手意識が以前に比べると大きくなくなりました。何かこう、型にはまらなくてもよくて、長くて難しそうに見えても、はじめから全部を知っていなくてはいけないのではなくて、ひとつずつ訳していけば、最後にそのような長い形になるんだと、思うようになりました。
もうあまり時間が無い状況なのですが、多分英語のコツをつかめたのだと思います。以前に比べ理解のスピードが上がったことを実感できているので、焦りながらもとっても楽しく勉強しています。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |  

pagetop