格段に英語力が上がる!私の聞いて話す英語勉強法

2011年11月30日
LINEで送る
Pocket


聞いて話す英語学習方法

私の英語の勉強法は、聞いて話すことです。たとえば、日本語の作文を書くときなどのことを思い浮かべてみてください。意味の面をイメージして、それに合うような単語をイメージして、それを表現するようなスペルを思い浮かべてというような不自然なことはしていないはずです。
頭の中で誰かに話しかけるようにしているはずです。ちょっと変な言い方かもしれませんが、頭の中で声を出しているようではないでしょうか。
小さな子どもが友達に手紙を書くときに、文字を書くと同時に声が出てしまっているシーンを思い浮かべてみてください。大人もこれと同じで、ただ、声を出していないだけだと思います。
なのでたくさんの量を音で聞いて、音で表現してみることが大変重要だと思っています。具体的には、インターネット上でテキストも無料で見ることができる英語のニュースを聴いています。テキストを目で追いながら、それを読み上げるお手本の代わりにニュースを音声で聞きいています。
そして、そのあとで自分でも声に出してそのニュースをしゃべってみます。わからない単語は前後の分から予測することにしていますが、どうしても重要でわからない場合は辞書を引いています。
はじめから全部の単語の意味を理解しようとしないことが大切だと思います。はじめから全部を辞書で引いていると、それだけで英語が嫌いになってしまうと思います。
この勉強方法を始めてからは、格段に英語が好きになりました。それは理解できるようになったからです。前までは、自分にとって英語は縁のない話だと思っていました。
しかし、つい最近の出来事ですが、道を歩いていてアメリカ人に片言の日本語で道を聞かれました。そのときに、英語で教えてあげることができたんです。この喜びは大変大きなものでした。勉強するだけもいいかもしれませんが、その成果を実感できる機会を持つことも大切かもしれません。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |  

pagetop