英単語暗記を重点に英語の物語を読む英語勉強法

2011年11月29日
LINEで送る
Pocket


英語の物語を読む英語学習方法

とにかく単語を覚えることを重点に考えています。それぞれの言葉の意味さえわかればそれがつながって文章になっても、少しは読めるものです。
基本的な単語を覚えるために、英語で書かれた物語を読んでいます。最近では簡単に本屋さんで手に入れることができますが、今は、シャーロックホームズを読んでいます。
この本は、とてもよくできていて、適当な区切りで全訳が書かれており、英語のみのページでも難しい単語の意味は、ページの下に書かれていて、すぐに見て確認ができるようになっています。
文法なども覚えるのも大切かもしれませんが、私たち日本人が日本語の文法の勉強しなくても自然と話せたり理解したりできるようになっているのと同じで、公式的に覚えるのではなく、すでに書かれた文章から経験をつんで、感覚で覚えていくべきだと思います。
その中で、どうしてもわからない形式を理解したいときに、その文法がどうなっているのかを調べるようにしています。この勉強方法を始めてからは、英語に対する苦手意識がなくなりました。
以前まではこれを覚えなければいけない、あれも覚えなければいけない。この公式にはあてはまらないからどうしよう。など、形式にとらわれて、何か英語が数学のように思えてきたこともあったくらいですが、今は全くそのようなことがなくなりました。
英語のWEBページを趣味で読むことがあるのですが、この勉強をする前に比べて、格段に読めるようになりましたし、何よりこう頭の中でイメージするものが変わりました。とても自然体になることができたような気がします。
物語を読む以外には、iPodタッチの無料のアプリを使って、英単語のゲームを続けています。昔は単語帳なども持っていた時期もありましたが、最近では便利なものができて大変感謝しています。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |  

pagetop