中学生以下の子供に教えたい英語習得のための勉強法

2011年11月28日
LINEで送る
Pocket


中学生からの英語学習方法

英語の勉強方法ってあまり難しく考えない方がいいのではないかと思います。私は小学生のころから洋楽が好きでよく聞いていたので、中学で英語の授業が始まるのが待ち遠しかったほどなのです。
もともと勉強は嫌いな私でしたが、中学の教科書は暗記するようにしました。今の中学生の学習方法はわかりませんが、ノートに何度か書いてスペルも正確に書けるように努力しましたね。
中学生時代は特に英会話スクールに通うとか塾に通うなどはしませんでしたが、中学3年を終える頃には多分、基礎的な英語力はついていたと思います。
ですから、日本の英語教育はあながち悪いものでもないと思うのです。今はネイティブの講師の授業も公立学校でもありますから、むしろ私の中学生時代よりも恵まれていますしね。
そして、高校生になり、アメリカ人の先生のもとで少し英会話のようなものを習いました。この時は自分の英語がネイティブに通じたので嬉しかったですね。
そして、いつも好きで聞いていた洋楽。案外、この歌詞を覚えるだけでも英語の勉強になったものです。もちろん、ヒアリングの練習にもなりました。
その後、成人してアメリカに留学したり、社会人になり英会話スクールにも通いましたが、私の原点はやはり中学でしっかり教科書の英語を勉強したことです。
英語を勉強すると、やはりとても世界が広がります。海外旅行先でも不自由しませんし、仕事を探す際にも選択肢が広がるでしょう。実際、私は外資系の会社に勤めていたこともあります。
それに、外国人の彼や彼女ができた時にも、コミュニケーションがスムーズに行きますよね。私の英語学習法は古典的なものですが、今ほど、英語学習の手段が豊富な時代はないと思います。グローバルな時代やはり英語だけは、必要最小限だけでも勉強しておきたいですね。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |    |  

pagetop