日本語を使わない!一石二鳥の英語勉強法

2011年11月26日
LINEで送る
Pocket


日本語を使わない英語学習法

私の英語学習方法は、”NO日本語”がキーワードになっています。使用する辞書も英英辞書。テキストも英語のモノを使っています。英文読解の勉強にあたり、文章を読んでいるとわからない単語がたびたび出てきます。
その時は、まずそのわからないワードにアンダーラインを引き、そのワードを英単語帳に書きます。そして、英英辞書でその意味を調べて、その英語での説明文も英単語帳に書き写します。この英語の説明文を書き写すのが、私の英語学習方法のミソです。
辞書に載っている説明文は、非常にわかりやすい文法で書かれており、またいくつかの典型的なフォーマットで書かれているので、実際の英会話で自分が説明したい場合にとても有効なのです。 
例えば、外国の友人が英語でスシとは何か、自分に聞いたとします。自分は、辞書での説明文のフォーマットを身につけているので、頭のなかでフォーマットをスシ使用に少し変えてあげて説明をします。スシとは、日本の食べ物で、米の塊の上に生の魚がのっていますと短く簡潔に説明できるのです。
もしくは、もし自分が英語での言い方がわからないワードがあるとします。その時も、同じくフォーマットを使って説明をしてワードを知ることが出来ます。米の塊の上に生の魚がのっている食べ物は何ですかといった具合に。
このように辞書に使われている説明文のフォーマットの習得は、日常の英会話でも非常に役立ちます。そして、英単語も同時に身につけることが出来るので、一石二鳥です。
英単語帳に説明文を写し取るのは、少し手間ですが何度も辞書を引くことを思えば、時間を節約できますし、通勤、通学時間にも単語帳だけ持っていれば見直すことが出来るの良いと思います。英英辞書の説明文で書いた英単語帳が私の英語学習方法です。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |  

pagetop