簡単なフレーズを徹底的に覚える!?自信をもって推薦する英語学習法

2012年9月30日
LINEで送る
Pocket


300のフレーズを丸暗記する英語学習方法

ある程度の基礎学力は必要ですが、私が自分自身で実行してきた英語習得方法をお話しします。ここで紹介することは、私が自信をもって推薦する方法ですので、是非皆さんにもやっていただきたいと思います。【往復チケットをください】を英語に訳すと【I want to buy a round ticket】となりますが、このようなフレーズを300程度集めて徹底的に覚えるのです。難解なフレーズである必要はありません。とにかくこの程度の簡単なフレーズで良いのです。
これは旅に関するフレーズですが、このように様々な分野を自分で決めて簡単なフレーズを300ほどピックアップします。そして、あとはひたすらこれを暗記。まずはこの段階まできっちりとやり抜きます。問題はこの効果がどう表れるかですね。このようなフレーズを覚えた後に、実際の生活シーンで似たような状況が出てくるはずですが、その時に頭の中で英語でそのフレーズを唱えるのです。
たとえば、寿司屋に入ったとしましょう。その時「どれがお勧めのネタなのかな?」とまずは日本語で考えます。そしてその次ぎに、300フレーズの中でこのフレーズに似たものがなかったかどうかを思い出します。 「そういえば what do you recommend・・・ という文章があったな」
もうおわかりですね。この寿司屋で私の頭の中にはこういう発想を起こすのです。そして、頭の中で文章を組み立てて復唱するのです。このような作業が外国で役に立ちます。4年前にパリに遊びに行ったのですが、その時入ったレストランでも、お店の人にこの構文を迷うことなく話すことが出来、そして実際に通じました。ただ問題はヒアリング。このときにも、私の問いかけに早口で返してきたので何を言っているのかわからなかったのです(笑) でも、この問題は別の勉強方法で克服すれば良いのです。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |  

pagetop