英語は音が重要!?自分で目標を決め総合的な英語力を伸ばす!

2012年9月29日
LINEで送る
Pocket


リスニング教材で英語学習方法

英語は海外に行って勉強するのが本当は一番いい、一番の近道だ、と主張する人がいますが、実際それは真実だと思います。赤ちゃんがそうであるように、相手の言っている言葉を理解してリアクションをおこさなければ自分の生命の危機にさえ関わる、少なくとも生活に著しい不便が生じる・・といった環境におかれることで、人間の脳はそれに順応して必要なものから習得していくようにできているからです。
しかしだれもが留学できるわけではありませんし、する必要もないと思います。自分で目標を決めてひとつずつクリアしていくことによって、総合的な英語力も付いてくるからです。まずは「音」が一番大切です。耳から入ってくる音を理解して、こちらから相手にわかる「音」を発しなければいけません。リスニングとスピーキングは非常に密接な関係にありますが、ここではリスニングについて書いてみます。
リスニングを勉強する時の方法は・完全なネイティブのスピードで・自分の語彙の範囲内の内容を・わかるまで何度も聞くの繰り返しがとても効果的です。 わからないものは何度聞いてもわかりません。ここが留学時と違うところで、わからない言葉も場面を変えて何度も出てくれば自然とわかるようになりますが、日本で学習する場合はそうはいきません。わからないものは調べるしか方法がないのです。
リスニング教材を用意して、まずは何度か聞きます。何度か繰り返して聞き取れないときはスクリプトをチェックします。実際にわからない単語があれば調べて、単語単位で知らないものがなければ更に聞き込みます。知らない単語がないのに聞き取れないようなら自分でその箇所を声に出して何度も読んでから聞き直します。この方法を根気よくやることでかなりのリスニング向上が得られます。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |  

pagetop