英語学習にルールを作ることが効果が倍になる!?

2012年2月29日
LINEで送る
Pocket


私のテスト前の英語学習法

ここでは、私が学生時代に実際にやっていた、テスト前の英語の勉強法を、ご紹介したいと思います。わたしは、勉強が苦手で、結構一夜づけということが多かったのですが、この方法でやれば、テストでもいい点を取れていたので、参考にしていただけたら幸いです。英語といえば、発音とスペルの両方を覚えることがひつようで、学生のころ必死で勉強していた記憶があります。
私がやっていた方法の1つは、とりあえず書いて覚えるという方法で、その英語の発音の仕方とスペルと意味を覚えるまでひたすらかいていました。こうすることで、テストで出たときなど、スペルがうろ覚えでも、手が覚えており、勝手に動くことがありました。それと、発音の仕方を辞書で調べて書くことにより、習ったことがない単語でも、大体の読み方が分かるので、予習の時などにも役立ちます。
2つ目に、声に出して発音するという方法で、これをすることにより、声が耳に入り、脳で理解しようとするので忘れにくくなると、わたしの中学のころの恩師が言っていたため、テスト前には必ずやっていました。3つ目に、友達と協力して勉強するという方法で、お互いにテストに出そうな問題を出し合うことによって、双方の勉強にもなるし、一人で勉強するよりも楽しくできるので、飽きっぽいわたし的には、苦にならず、効率的なやり方だったように思います。
あと、友達と一緒に勉強するなら『ゲーム感覚で覚える』のも効果的なやり方です。たとえば、教科書に出てくる単語を教科書を見ずに順番にいっていき、間違ったり、詰まったりしたら相手の言うことを1つだけ聞く、というルールを作り勉強したこともありました。辞書を使って、意味や発音の仕方の、はや調べ競争というのもやりましたね。
ここに書いてある方法をまるまるまねして、勉強するのもいいと思いますが、工夫次第でいろいろな覚え方があるので、いろいろと、自分の覚えやすい方法を見つけ、コツコツ覚えるのが一番だと思います。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |  

pagetop