留学するなら気をつけろ!ロンドン語学留学での失敗談

2012年3月24日
LINEで送る
Pocket


ロンドンへ一か月間の語学留学を体験

大学1年生の夏休みに、イギリスのロンドンへ一か月間の語学留学をしました。当時大学でやっていたラクロスのブラッシュアップも兼ねての渡英でした。ラクロスキャンプは全寮制の女子校の夏休みを利用して行われたため、宿泊はその寮に、語学学校はロンドン中心地でたくさんの語学学校のある、オックスフォード通りの学校から選びました。
通常のサマープログラムを受講すると、ラクロスのキャンプの時間と重なったりと融通がきかなくなってしまうため、授業を都合にあわせて合間でとれる語学学校を探して、交渉をしました。夜間のプログラムをとれるとよかったのですが、寮の門限があったため、キャンプの休日と、午前、午後、夕方のどこかに通うスケジュールになりました。
語学学校はかなり勉強に特化したところで、講義もプレゼンテーションの機会も多く、私にとっては充実したプログラムでした。けれどもこのプログラムの参加だけで2週間などのスケジュールだと、ちょっと厳しいのではとも感じました。現に、途中から欠席が目立つようにもなってきていましたので。ロンドンの語学学校は比較的密で厳しめのカリキュラムが特徴なので、向き不向きはあるかと思います。
大学はロンドン郊外でしたが、オックスフォード通りまでは地下鉄で30分以内だったので、なんとか通いきることができました。ラクロスキャンプでもネイティブとの交流は多かったものの、日本語で会話する時間のほうがはるかに多かったので、よいバランスでした。ロンドンは留学先としては非常に暮らしやすい町で、その後も何度か短期留学をしましたが、夏に比べて冬は厳しかったです。特に観光にでかけなくても町中で勉強しながらできる体験が多いのは、ロンドンならではでした。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |  

pagetop