ロンドンが楽しすぎてヤバい!ウィンブルドン留学体験談

2011年11月29日
LINEで送る
Pocket


1ヶ月の短期でイギリスに語学留学

21歳の時、ウィンブルドンの語学学校に一ヶ月ほど通いました。滞在中はホームステイで、シングルマザーと子供が二人いる家でした。イギリスでは一軒家を数人でシェアをして住むというスタイルが定着していて、その家でも私の他にもう一人部屋を借りている女の人が住んでいました。
食事も全部自分で作るので、週末スーパーへ行って食材を買うのですがなんでも量が多いので一人で使いきれないので冷凍保存したり、パスタのような常温保存のきくものをよく使っていました。
当時物価が日本の倍くらいしていたのですが、パンやパスタは安くておいしいので重宝します。昼ご飯もマクドですらセットが日本円で1000円くらいしていたのでサンドイッチを作って持って行っていました。
語学学校は古いイギリスの家をそのまま使ったような学校で、ちょうど夏休みだったこともあり一年間で一番学生が多い時期でした。国籍もヨーロッパ圏やアジア圏の人達が多く、英語よりもいろんな国の言葉を覚えました。
休憩時間に庭に出て一服するのが楽しみでした。授業が終わった後はパブに行ってビリヤードをしながらお酒を飲み、夜はクラブへ行くのがお決まりです。日本のように24時間あいているカラオケもコンビニも無いのですが夜はにぎやかな街でした。
治安が良いとはいえませんが、ちゃんと自己管理をしていれば問題なく楽しめます。古い町並みそのままで、家も古い所が多く友達のステイ先はシャワー中お湯が途中でなくなるといって困っていました。
ずっと雨が降っていたり電車もダイヤ通りに来ない事が多々あり、生活では不便を感じる事もありましたが、それ以上に音楽やアートやファッションといったカルチャーは日本よりも断然刺激的で斬新なものばっかりだったのでロンドンはおもしろい街でした。
そして日本食が恋しくなったときは、持って行ったインスタントのお味噌汁を大事に飲んでいましたが日本食品店もあるので自分で作れます。韓国人街に行けば日本のものよりも安くで食材が手に入るのでだいぶ助かりました。
ロンドンは移民が多いので郊外の街へ出た方がイギリス人に会えるよと現地の人が言うほど多国籍な街なので本当にたくさんの貴重な体験ができると思います。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |  

pagetop