ワーキングホリデーの魅力!ワーキングホリデーを利用して語学留学した話

2011年10月31日
LINEで送る
Pocket


ワーキングホリデーを利用してニュージーランドへ

私はワーキングホリデーを利用してニュージーランドへやってきて、語学学校に2カ月間入りました。海外語学留学は前にもカナダで経験したことがありましたが、5年のブランクがありましたし、今回は語学学校で苦手な文法をしっかり勉強しようと思いました。
私が通った学校はクイーンズタウンという小さな町にある学校で、午前中に文法のクラスを取り、午後からはスピーキングのクラスに入りました。一日中勉強することなんて本当に久しぶりだったので、最初は体が慣れずに相当疲れがたまったのを覚えています。
しかしリズムができてくると頭の回転も徐々に早くなり、単語などもどんどん覚えられるようになりました。授業の内容はいつも先生が工夫してくれ、毎回楽しみながら、集中力を切らすことなく勉強できました。
スピーキングのクラスで、最近見た映画のあらすじを英語で紹介して下さいと言われ、わたしはサイコという映画の内容を説明したのですが、話の最後は寝てしまったので分からなかったというとクラスの中でその映画を見た子たちが一生懸命説明してくれたのを覚えています。
Lyttelton Market
Lyttelton Market / geoftheref

単に教科書を読むだけの授業ではなく、自分の頭で考えて説明するといういい練習になりました。また文法はよく分かっていなかった関係代名詞などを理解することができ、会話の中でもなるべく自分の言葉に関係代名詞をあてはめて自然に言える練習などもしたのを覚えています。
クラスの国籍も日本人は二人だけで、韓国人、ブラジル人スペイン人、中国人など多国籍で、みんなで学校が終わった後も一緒に遊びに行ったりもして、たくさんの友達ができました。
最初の2カ月間にしっかり勉強して少し英語に自信が持てたため、その後のワーキングホリデー生活は順調にすすみました。希望の接客業につくこともでき、さらにスピーキングを強化したことによりニュージーランド長期滞在へもつながりました。


あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |  

pagetop