海外語学留学を1年間すると英語は習得できるのか!?

2011年11月29日
LINEで送る
Pocket


学校の制度を利用して海外語学留学

高校時代に、学校の制度として1年間の海外留学をしました。場所はカナダで、ホームステイをしながら現地の学校に通い、日本の学校には定期的なレポート報告と帰国後のレポートを出すことになっていました。
何もかもが始めての体験で、特にカナダと言う国も始めてだったので、楽しい思い出も苦労した思い出も沢山あります。一番は言葉が通じないと言うことでした。いくら小学校から英語の授業を受けていたとはいえ、外国人が喋るスピードと言うのはとっても速いんです。
留学が決まってから英会話を習っていたのに単語しか拾えなかったり、発音がわからず会話について行けないことなんて始めの頃は当たり前でした。また生活習慣も大きく違い、一つ一つのことに戸惑ってばかりです。食事の量なんかは当たり前ですが、基本的にお菓子は着色料が多すぎて最初は食べるのを躊躇ってしまうこともありました。また基本的にどこの部屋のドアも開けっ放しなんです。始めは知らず、部屋にいるときは閉めていたので心配されてしまいました。
幸いホームステイ先の家族が良い人たちで、多少の失敗は何度も丁寧に教えてくれました。年が2つ違う男の子がいて、学校のレポート等手伝ってくれましたし、色々と観光にも連れて行ってくれました。
家族とは離れて、しかも長期での留学と言うことで緊張や不安も多かったですが、振り返れば勉強になったことや楽しかったことばかりです。今でも日常的な英語には不自由しませんし、なにより1年も外国にいると、日本でのレポート等は日本語で書くのが難しくて、英語で書いてしまったりするぐらいに自分に取って英語が自然な物となります。
今でもホームステイ先の家族とはメールでやり取りをしていますし、スカイプが出てからはテレビ電話をしたりもしてます。語学はもちろん、1人で知らない世界に飛び込むという経験は私の人生の中でも大きな財産になりました。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |  

pagetop