外国の友達を作ることが英語上達の秘訣

2011年7月30日
LINEで送る
Pocket


留学に行くまでの準備はしっかりしておくのがベストです

オーストラリアのシドニーにワーキングホリデーというVISAを利用して約1年間留学していました。初めての留学ということもあり、VISAの申請やら語学学校の申し込みなどはエージェントを通して行いました。
慣れている方はすべて自分で手配するそうですが、海外に1人で行くわけですから不安もあり、日本人スタッフも現地に在籍するというエージェントで申し込みをしました。
留学までのながれは日本でのスタッフの協力のもと、なんの不安もなく手続きもでき、シドニー到着後も、日本人スタッフによる送迎もありスムーズに進行できました。
はじめての海外留学だったらエージェントを通していくのが無難かと思われます。まぁ昨今ではエージェントが倒産し、おカネを振り込んだのに・・・ということもあるみたいですが・・・。
とにかく行くまでの準備はしっかりしておくのがベストかと・・・語学留学で行こうと思うなら、少なからず英語の参考書のようなもので1度は勉強をしておくことをオススメします。
日本語の参考書ではなく、英語で問題が出されているものがいいです。語学学校に入学するのは週単位で新しく生徒が入ってきますので、みんな同じスタートではありません。授業途中から入るとおもっていていいと思います。
Studying for Discrete Math
Studying for Discrete Math / iBjorn

行く前に事前に調べておく必要があります

授業ではモチロンすべて英語。誰も日本語訳してなにの勉強をしているかなんて教えてくれませんもちろんクラス分けがあって、クラス分けのテスト後にレッスンに入るので自分に合ってるレベルのクラスに入ることになりますが。
場所にもよるかもしれませんが、オーストラリアは割と日本人の留学生が多いです。あと韓国人。できるだけ他の国のお友達をつくると英語の勉強にもなります。
だけど日本人のお友達もモチロン必要です!たまには息抜きも必要ですからね。まぁ学校にいけばたくさんの友達はできます。限られた時間なので、できるだけいろんなことに積極的に参加することをオススメします。
あと注意点としては、行ってはいけない地域というところがあるのでそれは事前に調べておく必要があります。友人は知らずにその場所を通り、電話で話しながら歩いていたのにもかかわらず、その話してる電話を強奪され、さらに転倒したときに金品もうばわれケガもしました。事前に知っていれば防げたこともあると思います。
ちなみにシドニーではレッドファーン、ウォータールー、キングスクロス、この3つは行かない方がいい とよく言われる場所です。とにかくついてからではなく、行く前の事前準備をしっかりすることをおすすめします!
そしてワーキングホリデーは国によって異なりますが年齢の制限があるので、行きたいと思ったそのうちに行動するのがベストかもしれませんね!

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |  

pagetop