外国人に道案内をする事が出来ました!

2011年7月20日
LINEで送る
Pocket


英語が話せて良かったこと

もともと兄が英語好きだったので、兄好きな私も自然と英語を好きになっていました。本格的に勉強したわけではないのですが、英語検定は2級までとり、大学は英文学科に進んだのでそれなりに長い間触れ合う結果となりました。
その中で英語が使えて良かったなと思えることは、外国人に英語で道を尋ねられた時です。困っている人を助けることには積極的なほうなので、外国人が困っている時でもなんとかしてあげたいと思い、堪能ではないですけれど意味が通じる程度には話せるので問題を解決してあげることができます。
一度アジア圏の方からカタコトの英語で道を尋ねられた時には、やっぱり万国共通の英語が話せることで道を教えてあげられることができ、その時は本当に英語を勉強していて良かったと思いました。
Twyfelfontein Petroglyph Guide
Twyfelfontein Petroglyph Guide / Namibnat

そのほかには海外へ旅行に行ったときにも、軽く旅行用のキーワードを予習しておくだけで現地の方とのコミュニケーションが取れますし、英語圏でない場所へ行ったときには発音がなんとなく似ているので勉強が楽になり助かりました。
現在は特にこれといった勉強はしていませんが、子供が生まれ、そろそろ英語に触れさせたいと思い始めてからは歌を英語で歌ったり、会話の端々に英語を混ぜたりして英語に慣れさせるようにしています。
英会話教室に通わなくても身内に英語が使える人間がいることで身近に感じることができるし、発音の仕方も違いを教えてあげられることができます。英語教材のDVDを見せているときにも、ただ見せておくだけではなく、所々で解説をしてあげられるので少しずつ知識を増やしているところです。
そのおかげか、会話の中で「○○は英語でなんて言うの?」という質問も増えてきて、私の知らない単語などは辞書で調べてまた新しい知識となり、相乗効果をあげています。

あわせて読みたい記事

pagetop