海外旅行の急なアクシデントも大丈夫!

2011年7月20日
LINEで送る
Pocket


英語が話せて良かったこと

学生のとき英語が大の苦手でした。でも、海外から外国人教師が一日だけ私の学校に体験授業を行ったときに普通の授業よりも楽しいと思ったのをきっかけに英語に興味をもちました。
それは、外国人教師と直接日常の会話をし、こちらは身振り手振りを使ってでも自分の思っていることを伝えようとしまして知っている単語を並べながら一生懸命話して、伝わったときはものすごく嬉しかったからです。
それから、受験の為に英検3級を取得。2級も挑戦しましたがヒアリングで失敗したためにもう少しのところで不合格になりました。2級以上は直接外国人と触れ合う機会が必要に感じました。話すスピードや発音は学校の勉強だけでは足りないとも思いました。
Accident
Accident / ASurroca

社会人になり、海外旅行を体験して英語が少し上達しました。話した内容が結構伝わるようになったのは、2回目ぐらいからでしたが日本から出る前よりはずっと話したり聞けるようになりました。
行き先はだいたいグアムでしたが、グアムの現地の観光スタッフは日本語が話せる人がほとんどですが、スーパーマーケットなどでは地元の人がアルバイトをしていたりして、あまり話せない人も多いのです。
そんなときに友人のクレジットカードが何かのエラーで急に使えなくなるというアクシデントが起きてしまい急遽私の国際キャッシュカードでお金をおろして友人にお金を貸すことになりました。
そのときにATMの場所などを英語でスタッフに聞いてATMを操作し何回か失敗しながらもようやくお金をおろす事ができて本当に助かりました。そのアクシデントが起きたのは3回目くらいの旅行のときだったので、1回目でなくてよかったです。
あと、役にたったのは日常会話が載っている例文集です。いくら文法がわかっていても定型文的な表現は暗記しかないのです。ある程度定型文を覚えたら、応用的な表現をしてみるという風に段階的に上達していきました。
まだ、まだ覚えることはいろいろありますが、海外へ行くなら最低でも公用語の英語を話せるのは何かのトラブルのときに必須だと思いました。これからも海外へ行き、積極的に英語で話をしようと思います。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |  

pagetop