英語が喋れる様になり自分に自信がつきました!

2011年7月20日
LINEで送る
Pocket


英語が話せて良かったこと

英語をしゃべれてよかったと思うことはたくさんあります。まず、何といっても自分に自信がつきました。電車の中や街で外国人に話しかけられても、以前は緊張して目も合わせられないし、まるで古いコントのようにジェスチャーで「エイゴわかりません」と伝えるのがやっとというあり様でした。
そんなシャイな私でしたが、もともとハリウッド映画や洋楽が好きだったので、いつかはペラペラにしゃべれるようになりたいと、ずっと秘めた思いをもってはいました。
ある出来事から一念発起した私は、まず英会話教室に通いはじめました。もちろん、それだけでなく、いろいろな方法でできるだけ自分を英語漬けの状態にして、なんとかTOEICで900点くらいはマークできるようになりました。
何とか英語を習得した今、私にとっていちばんありがたいことは、一人で海外に旅行に行くことができるようになったということです。これは私の人生において、人類が火を使い始めたのとおなじくらいのインパクトがあります。
Confidence_2008-33
Confidence_2008-33 / michael.melewski

そもそも海外旅行に限らず、友達や知り合いと一緒に旅行に行くと、どうしても新たな出会いに対してオープンではなくなってしまいます。新しく旅行先で知り合った人と意気投合して、そこから一緒に行動したりするのは、同行者をないがしろにすることになりますから。
自分の好きに、小回りよく自由気ままには動けません。しかし、私が旅行に出かける目的のメインは、日常を離れて自分にとって新鮮な場所や人々と出会ったり交流したりすることです。
ですから、海外へ自分ひとりで旅行するのは、何にも代え難い喜び、楽しさがあります。英語を習得する前は、もっぱら国内旅行のみでしたが、英語をしゃべれるようになってからは、その縛りがとれ、どこへでも一人で行けるようになりました。
以前までは、英語の得意な人と旅行に行くと、どうしてもその人を頼りにしてしまうので、本当の自分のやりたいこととはずれてしまう感じがありました。もちろん今でもわからない単語や話が聞き取れないということはありますが、どこへでも一人で行けるというのはいかにもいい気分です。

あわせて読みたい記事

pagetop