NHKのラジオ英会話で覚えた英語力を仕事で使ってみたら!?

2011年10月31日
LINEで送る
Pocket


会社のミーティングで英語が役立つ

大学4年の時に道で外国人で道を聞かれて全く答えられず、また質問をし返すことさえできなかったことで、受験英語しかしてこなかったためまともな英会話ができないことを恥じ、会社に入ってから毎日NHKのラジオ英会話を聞いていました。
3、4年経ってペラペラとはいわないにしても、そこそこ日常の会話ができるようにはなりました。その頃私が勤めていた会社がアメリカのオレゴン州の会社のあるプロジェクトに投資をしていました。
年に一度そのアメリカの会社がインベスター一同を集めてミーティングをオレゴン州ポートランドで開いていました。私もそろそろ入社5年にもなりそのインベスター・ミーティングに連れて行ってもらえることになりました。
そのミーティングには日本からも大手電機メーカーなど数社、アメリカ国内、ドイツなどから集まり当然オフィシャル言語は英語でした。ミーティングの最中は難しい専門用語などが駆使されていたのでなかなかついていくのが大変でした。
ミーティング期間の中ごろに、インベスター一同が招かれるパーティがホテルで開かれました。私はなるべく日本人ばかりで集まっているテーブルを避け、現地のスタッフばかりいるテーブルに着席しました。
10人程のテーブルで日本人は私だけでした。周りの方々は大変気を使ってくれ、ゆっくり分かりやすい英語で話をしてくれて、家族や文化の話などいろいろ語ることができました。
その後はスタッフの人達だけでディスコに繰り出したのですが、そこに特別私だけ日本人として誘われて連れて行ってもらい、楽しいひと時を過ごしました。日本人同士だけでは決して行かなかったであろうところにも行けほんの少しだけであったとしても、英語を話すことができて良かったと思いました。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |  

pagetop