英語が話せるようになると人生が唸るぞ!体験した話

2011年9月29日
LINEで送る
Pocket


人生の幅が広がった

普段から英国economistを読んでいて、定期的にTOEICとTOEFLを受験していますが、英語を話せて得して良かったことは、より多くの世界中の人たちと話せるようになるので、人生の幅が広がったとハッキリ言えます。
英語を学ぶ最初の段階では、話すどころか読み書きもできず、旅行でのトラブルも解決できずにアタフタとして、英会話教室でも相手の言っていることが分からなくて、結局外国人に対しては引っ込み思案となっていましたが、いま英語を話せるようになって思うのは、英語で言いたい事をはっきり言えて、かつ、意見を交換出来るので、日本語だけではない英語圏との人達と友達になって飲みにいったり遊びにいったり出来るのです。
時に宗教や文化について話し合えるので、日本にいて日本語だけで話して生きている人達よりは多くの経験ができています。
Perks of the  job
Perks of the job / _leisa

また、インターネットでの情報収集では、英語でより多くの情報を掴めると同時に、電話で直接やり取りも可能なので、ボーダーレスに思考と行動ができて、英語が話せて本当によかったな、としみじみ感じています。
また、京都にせよ、銀座にせよ、外国人の観光客が地図を広げて道の片隅で止まっている時はこちら側から声をかけて行きたい場所へのアプローチを案内出来る事もひとつの日本人のおもてなしとして振る舞う事もできます。
また、六本木のクラブやバーにいる時は、英語が話せるか話せないかで楽しみの度合いが違います。 六本木はとにかく外国人が多い街ですが、インターナショナルにボーダーレスにみんなが英語を使うので、レジャーにもプライベートにも、観光にも活きてくるのです。
仕事においてはダイレクトに反映される時代になったと感じていまして、海外出張もいの一番に選抜されるわけで、アドバンテージが高く、本当に英語ができてよかったと心の底から感じています。TOEICといった分かりやすい資格もまた転職にも使えるわけで、汎用性が高い技術として英会話が重宝されています。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |    |    |  

pagetop