英語を通じて海外の流行も敏感にいち早くチェック!

2011年8月31日
LINEで送る
Pocket


英語が話せてよかったこと

私が英語を必死に勉強したのは5年前でした。当時の私は高校生で、受験の為だけの英語を機械のようにひたすら勉強していました。しかし、うちの高校では毎年アメリカからの留学生を受け入れているので生の英語に接する機会が多く、留学生とコミュニケーションを取っていると自分の勉強では何もつまらないことに気がつきました。
私は受験の為の英語の勉強を頑張ると同時に、アメリカからの留学生と積極的にコミュニケーションを取るようになりました。その時に身に付いた英語は日本とは違うアメリカならではの生活習慣を思わせるものばかりでした。
テレビや本で読む海外の習慣がよりリアルに感じる事ができ、その時のゾクゾクするような感動は私の人生に彩りを付けてくれるものでした。受験の為に単語帳で覚えた英単語を必死につなげながら彼と話すと、次第に英語が身に付いてきました。 Authentic Old-Timer Friendly Photographer and Patriotic Veteran named Burl McDonald (Kaweah Country), Gestures at Morro Rock, Morro Bay, CA
Authentic Old-Timer Friendly Photographer and Patriotic Veteran named Burl McDonald (Kaweah Country), Gestures at Morro Rock, Morro Bay, CA / mikebaird
そんな風に生活していると、街中で地図を持って困っている海外の方にも声をかける事が怖く無くなりました。最近では積極的に声をかけるようにしています。
ジェスチャーを交えたりしながら英語を話すのはとても楽しいです。海外に少し留学した時にも、日本語以外の文字を読んだり聴いたりできるのはとても楽しい事でした。
オーストラリアのメルボルンに少し滞在していましたが、多くの移民を迎えているメルボルンという街では英語圏以外の国の方とも接する機会が非常に多く、英語が本当に役に立ちました。
英語を通じてまた別の国の言葉を知って、文化を知って、沢山の人とふれあう事が出来ました。英語が使える分だけ世界が大きく広がりました。海外の通販サイトで買い物をしたりするのもとても楽しいです。海外の流行を敏感にチェックする事もできますし、英語が使えると人生が捗ります!

あわせて読みたい記事

pagetop