英語が使えることで税関手続きや入国審査がスムーズに

2011年8月29日
LINEで送る
Pocket


英語が話せてよかったこと

英語を話せるようになって良かったことは、海外旅行で得する場面が非常に多いことです。海外旅行が好きな私は、旅行するたびに英会話力は欠かせないものだと実感しています。実際の体験談をいくつかご紹介します。
まず、ニューヨークのブロードウェイでミュージカルを見た際、格安のチケット屋でチケットを購入することができました。見たい公演を伝えると、「もう売り切れです」と言われたので「同じ時間でチケットが残っている他の公演はないですか?」と聞き返すと、違うミュージカルですが半額でチケットを購入することができました。
また、ミュージカルを見ている最中、前の席の男性がかなり大柄な方で少し見にくい席だったのですが、劇場のスタッフの方に肩を叩かれ、「見にくければ空いている席に案内しますよ」と話しかけられました。
That Musical
That Musical / Gamma-Ray Productions

おかげで、前の方のとても見やすい席に移動できました。英語がわからなければ、このようなお得な体験はできなかったと思います。また、自由にプランが組めるツアー会社に海外旅行の相談をする際も、日本語が話せる添乗員がつくプランになると値段がかなり上がるのですが、英語が話せる現地添乗員で構わないという条件にするだけで、格段に金額が安くなります。
そして実際に現地でツアーに参加したときも、ガイドの方との距離感が近くなるので、ツアーにはない場所に連れて行ってもらったり、時間を調整してもらったりと、非常に融通がきく旅になります。
他にも、税関の手続きや入国審査がスムーズに行えたり、飛行機内でも客室乗務員の方に要望を伝えやすかったり、旅行の安心感が格段に違います。このように、英会話力を身につけることで海外旅行がさらにお得になり、貴重な体験をすることができます。英語を話せてよかったともっとも実感できると思います。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |  

pagetop