その国の母国語が話せなくても英語がわかればコミュニケーションがとれる!?

2011年8月29日
LINEで送る
Pocket


英語が話せてよかったこと

私が英語が話せるようになって良かったことは、私の場合は旅行に生かせたという事が大きいです。私は旅行が好きなのですが、海外旅行で色んな国に行った際、その国の母国語が話せなくても英語でコミュニケーションが出来る事があり、とても便利です。
1度とても助かったのは、香港に行った時です。香港は初めて海外の1人旅をした国で、緊張しながら行きましたが、香港では中国語と英語が主に使われているので、中国語がまったく出来ない私でもちゃんとしたお店では英語が通じて、とても助かりました。
また、最終日の夜に事件があり、その時は心底英語が話せて良かったと思いました。というのも最終日、真夜中の便で日本に帰る予定で、ホテルから空港まで送ってもらう予定で旅行会社の車をロビーで待っていたら、頼んでいた車が全く来ないんです。
待ち合わせ時間を20分、30分過ぎても来ないので、さすがにおかしい、何か手違いがあったか、日にちを間違えているのではないか。と思い、旅行会社に問い合わせてみると、何と現地の人(中国語しか通じない)しか電話に出てくれませんでした。
Hotel Miramar 1
Hotel Miramar 1 / Son of Groucho

おそらく真夜中でスタッフが手薄だったからだと思うのですが、事情を説明しようにも、話が全く通じない始末。仕方なく電話を切りましたが、夜中なのに、自分1人でタクシーを頼んで空港に行くのは怖いし、でも飛行機の時間は迫ってくるし、どうしよう、ピンチ!と、心細さもあってかなり焦りましたが、そこでホテルの人には英語が通じる事を思い出し、近くに居たホテルのスタッフに声をかけてみました。
幸い、親切そうな女性のスタッフで英語が分かる人がおり、一生懸命英語でその人に助けを求めた所、私の様子にとても同情してくれ、すぐに現地の旅行会社のスタッフさんに電話して、中国語で事情を説明してくれました。
私が電話しても全く話が通じなかったのですが、ホテルの女性が電話してくれた事ですぐ事情が分かり、同じ車に同乗するはずだった人が集合に遅れているという事が分かりました(私に全く連絡が来てなかった事が驚きですが…)
そこから更に30分ほど待ったのですが、事情が分かっていたため安心して待つ事が出来ました。あの時英語が話せなかったら、どうなっていただろうと思います。香港ではタクシーに乗っても、行き先が通じなくて違った所に連れていかれたり、わざと別の場所に連れていかれたりという話もあると聞くので、あの時、事情を聞けて本当に良かった、英語が話せて良かったと心底思った体験でした。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |  

pagetop